NEW

パチスロ新台『吉宗3』天国から「完走」!? 「ガチ抽選」に熱狂!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ新台『吉宗3』天国から「完走」!? 「ガチ抽選」に熱狂!!の画像1

 10月5日、4号機時代に一世を風靡した大都技研のビッグタイトル「吉宗」がホールに復活した。

 リリース前より期待の声が止まないニューマシン『吉宗3』は好調の滑り出しを見せている。ホールでは満席の状態が続いている印象だ。

 本機は初代「吉宗」を彷彿とさせる特徴が多く盛り込まれている。お馴染みの「高確率」や「鷹狩り」などは健在。初代の演出が出現すれば激アツの模様だ。

 特に初代のBB獲得枚数「711枚」には強い拘りを持ち、6号機『吉宗3』においても「青7」が揃えば期待枚数は「約711枚」である。

『吉宗3』は純増約4枚の疑似ボーナスで出玉を獲得する仕様。BBは必ず特化ゾーン3つを消化可能で、300枚以上の出玉が約束される。

 注目すべきは当選後のAT準備中である。ボーナス揃いはリプレイフラグとなっており、押し順によって図柄が入賞する。

 つまり「押し順青7リプレイ」と「押し順BARリプレイ」が存在し、前者を先に引くことが出来ればBB当選となる「ガチ抽選」となっているのだ。

 青7の成立割合は55%となっており、この『吉宗3』において最も手に汗握る瞬間といっても過言ではない。

 本機はユーザーだけでなく、関係者からも大きな期待が寄せられており、SNSでも多くの稼働報告が上がっている。

 今回は、そんな大注目マシンを実戦し、その様子をお届けしていきたい。

 打ち始めは0ゲーム。非有利区間からスタートだ。170G付近で発生した前兆演出、300G付近でのポイント抽選もスルー。次に「高確率」が発生した時には500Gを超えていた。

 536Gでボーナスに当選。緊張しながらレバーを叩くと、残念ながらRBが成立。引き戻しに期待を込めるが、連続演出を失敗してしまう。

パチスロ新台『吉宗3』天国から「完走」!? 「ガチ抽選」に熱狂!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!