NEW

甘デジ「秀逸な右打ちモード」が熱い!「制御不能の緊迫感」が常に迫りくる!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「秀逸な右打ちモード」が熱い!「制御不能の緊迫感」が常に迫りくる!!の画像1

 災害やアクシデントといった非常事態が突発的に発生し、その異常状態の中で様々な人間模様が繰り広げられるパニック映画。天変地異やパンデミックを題材にしたものが多いが、最近、個人的にアツいのがサメ映画。面白ムービーが揃った注目のジャンルなのである。

 とにかくデカかったり物量で勝負したり、DNAを操作されて頭が良かったりとさまざまに設定があるが、無茶系なら「シャークネード」。台風でサメが飛んできたり、無数のサメが合体したりと破格の見応え。間違いない。

 間違いないといえばもうひとつ。太古の巨大ザメが復活する「MEGザ・モンスター」。体長23メートルの怪物ザメが暴れ狂う王道パニックムービーとなっているが、そのサメを駆除するのがなんと人類最強男ジェイソン・ステイサム。刃牙に通ずるそのスピリッツは本物すぎて逆に笑えたりする傑作である。

 サメで傑作といえばパチンコ界だって負けていない。『JAWS SHARK PANIC』パニックシリーズである。シリーズで2タイトルがリリースされているが、根強い人気を誇り、多くのホールで設置されている。特に甘デジタイプはバラエティの定番で、見かける頻度も高いだろう。

 人気の秘密は出玉性能とパニック映画の緊迫感を実際的に体感できるゲーム性にあり、その2つの要素が相乗効果を発揮して、秀逸な右打ちモードに仕上げているのである。

 前述のとおり、電サポモードはスペック・システム的にスリリングな展開を楽しめるように工夫されているのだが、まずはヘソ抽選時の確変突入率。「ドキドキできる」を考えた時、多くの人が1/2、フィフティーフィフティーが1番アツいと思ってしまうだろう。

 じつはこの50%というハードル、ゲームなどでは「なかなか突破できない」と認識され、満足度が低くなるようなデータもあるという。できるかできないか半々では障害として高すぎるのである。

 この観点からすると、本機の確変突入率66%というのは絶妙で、ある種の安心感もありながら、どっちに転ぶかわからない不安感も同時に去来させる優れたドキドキポイントとなっているのである。

 こうして確変を獲得できたと思ったら、次は転落抽選である。初回突入時は必ず確変状態となっているので、転落か大当りかの攻防をハラハラしながら見守るタイム。理論的(設定1)には約52~53%で100回転以内に転落する。

 一方、高確率1/87.4(設定1)が100回転以内で当る確率は約68.3%。緊張感が体中を這い回るのである。

甘デジ「秀逸な右打ちモード」が熱い!「制御不能の緊迫感」が常に迫りくる!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!