NEW

JRA川田将雅「競馬界が盛り上がる」京都大賞典(G2)「失われた半年」グローリーヴェイズはあの馬と酷似!? “最後の淀”で復活勝利は待ったなしか

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅「競馬界が盛り上がる」京都大賞典(G2)「失われた半年」グローリーヴェイズはあの馬と酷似!? 最後の淀で復活勝利は待ったなしかの画像1

「今年の上半期に関しては『失われた半年』という印象ですね」

 11日、京都競馬場で京都大賞典(G2)が開催される。グローリーヴェイズ(牡5歳、美浦・尾関知人厩舎)を送り込む尾関調教師にとっては、是が非でも勝ちたいレースのはずだ。

 昨年は香港ヴァーズ(G1)を制し、「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で、日本馬としては5位のリスグラシューに次ぐ、9位タイとなる125ポンドの評価を受けたグローリーヴェイズ。これはアーモンドアイを上回る、日本馬でNo.2の格付けということになる。

 今年の始動戦はドバイシーマC(G1)を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で開催が中止。すでにドバイへ渡航していたグローリーヴェイズは、日本へとんぼ返りとなった。6月の宝塚記念(G1)でようやく初戦を迎えたが、17着に惨敗。これが尾関調教師の言う「失われた半年」である。

 グローリーヴェイズが京都大賞典を勝っておきたい理由には、今開催を以て京都競馬場が改修工事に入ることも挙げられるだろう。

「これまでグローリーヴェイズはキャリア11戦のうち、6戦を京都で出走しています。関東馬がわざわざ京都に遠征するのには、平坦コースが合っているという理由があります。次に京都開催が行われるのは2023年なので、今回の京都大賞典が最後の淀での出走になりそうです。

日経新春杯(G2)を制し、天皇賞・春(G1)で2着と好相性の舞台だけに、グローリーヴェイズにとって、しばらく京都開催がないことはかなり痛手となるのではないでしょうか。京都で有終の美を飾っておきたいところですね」(競馬記者)

 今回、復活を期すグローリーヴェイズにとって、新コンビを組む川田将雅騎手の存在は頼りになりそうだ。

JRA川田将雅「競馬界が盛り上がる」京都大賞典(G2)「失われた半年」グローリーヴェイズはあの馬と酷似!? “最後の淀”で復活勝利は待ったなしかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!