NEW

JRA毎日王冠(G2)サリオス、サトノインプレッサに継承される「オグリキャップ伝説」の系譜。3歳馬「不毛の時代」に空けた風穴と“伝説”の序章

【この記事のキーワード】

, ,

JRA毎日王冠(G2)サリオス、サトノインプレッサに継承される「オグリキャップ伝説」の系譜。3歳馬「不毛の時代」に空けた風穴と伝説の序章の画像1

 11日、東京競馬場で開催される毎日王冠(G2)。『netkeiba.com』による事前オッズでも1、2番人気に推測されている通り、今年の主役は何といってもサリオス、サトノインプレッサという将来性豊かな3歳馬だ。

 過去10年を遡っても2010年アリゼオ、2012年カレンブラックヒル、そして昨年のダノンキングリーが勝利するなど、今では3歳馬にとって決して高い壁ではない毎日王冠。毎年、秋のG1戦線を見据えた古馬の一流どころが集結するとはいえ、今年は3歳馬がワンツーを飾っても、特に大きな驚きにはならないだろう。

 しかし、かつての毎日王冠には、3歳馬にとって極めて高い壁だった歴史がある。実は2010年アリゼオの勝利が21年ぶりであり、長きにわたって古馬の壁に跳ね返され続けていた。

 無論、この時期の3歳馬はクラシックが中心となるが、それでも1995年に皐月賞馬ジェニュイン、翌年には2歳王者バブルガムフェロー、NHKマイルC(G1)の覇者タイキフォーチュン、98年には後の歴史的名馬グラスワンダーとエルコンドルパサーが揃って敗れるなど、超一流どころの参戦もあった。

 毎日王冠が現在のように、秋競馬にとって非常に重要度の高いレースとなったのは、1984年にグレード制が導入され、レース体系が大きく整備されたのがきっかけだ。

 ちなみに“G2昇格デビュー”となった1984年の毎日王冠は、1着が同年に日本馬として初めてジャパンC(G1)を勝つカツラギエース、2着には三冠馬のミスターシービーと超ハイレベル。こうなっては競走馬として、まだ未完成の馬が付け入るスキはそうそうなく、3歳馬にとっては長く不毛の時代が続いたというわけである。

 ただ、そんな中で唯一、歴戦の古馬を打ち負かして“風穴”を開けた3歳馬がいる。伝説的アイドルホース・オグリキャップだ。

JRA毎日王冠(G2)サリオス、サトノインプレッサに継承される「オグリキャップ伝説」の系譜。3歳馬「不毛の時代」に空けた風穴と“伝説”の序章のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!