NEW

新台『北斗無双3』『6号機ジャグラー』など「大本命」に続く朗報! パチンコ・パチスロ「目玉機種」がズラリ!!

【この記事のキーワード】

, ,

新台『北斗無双3』『6号機ジャグラー』など「大本命」に続く朗報! パチンコ・パチスロ「目玉機種」がズラリ!!の画像1

 2020年下半期はパチンコ・パチスロ分野ともに、魅力的な新台たちが存分に楽しませてくれそうです。

 すでにデビューを果たしている『P真・牙狼』(サンセイR&D)と『新世紀エヴァンゲリオン 決戦 ~真紅~』(ビスティ製)、『吉宗3』(サボハニ製)は初日から好調な動きを見せている状況。長期稼働を実現できるかに注目が集まっています。

 今後も『P真・北斗無双 第3章』や『アイムジャグラーEX』といった本命候補がスタンバイ。導入を待ちわびるファンの方が続出しているわけですが…。

 そんな大物たちに匹敵する新機種が続々と検定を通過しており、熱視線を浴びております。

〇〇〇

『PモモキュンソードGC250A』(ソフィア)

『S Lucky海物語KH』(三洋物産)

『PAフィーバー真花月2Y』(SANKYO)

『PフィーバータイガーマスクWR』(SANKYO)

『P甲鉄城のカバネリGEE』(銀座)

『PキレパンダN1E』 (高尾)

〇〇〇

 この中で注目が集まっているのはパチスロ『S Lucky海物語KH』でしょうか。過去のシリーズ機は、ボーナスのみで出玉を増やすシンプルなゲーム性が特徴で人気がありました。今作にも期待が掛かるところです。

 個人的には前作で高稼働を見せた『PモモキュンソードGC250A』も気になりますね。『PモモキュンソードMC』のスペック違いだと思いますが、高継続のRUSHと遊タイムがどのように生まれ変わるのでしょうか。注目のマシンです。

 そして、SANKYOさんの『PフィーバータイガーマスクWR』の仕上がりも要注目。公開されたムービーでは「RUSH最大継続率は約95%」「RUSH中最大ラウンド比率は70%」というかなり魅力的なスペックが紹介されています。前作を超える爆裂に期待ですね。

 SANKYOさんといえば人気シリーズの最新作『PAフィーバー真花月2Y』も見過ごせません。同社初の遊タイム搭載機として登場した前作の評判は上々。本作は「更に遊びやすいスペック」と話す関係者もいます。楽しみな一台です。

 他にも、「進撃の巨人」を手がけたWIT STUDIOによるオリジナル作品が題材の『P甲鉄城のカバネリGEE』。そして高尾の人気キャラクターが主役と思われる『PキレパンダN1E』など、気になるマシンが目白押しとなっております。各機種の続報を楽しみに待ちましょう。

(文=パチmax!編集部員A)

新台『北斗無双3』『6号機ジャグラー』など「大本命」に続く朗報! パチンコ・パチスロ「目玉機種」がズラリ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!