NEW

パチスロ新台『吉宗3』実戦で「複雑な思い」が交錯!?【濱マモルの のほほんコラムVOl.65~飲んでも飲まれるな~】

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ新台『吉宗3』実戦で「複雑な思い」が交錯!?【濱マモルの のほほんコラムVOl.65~飲んでも飲まれるな~】の画像1


 正直、萌えという感覚が分からない。

 その手のパチスロを打ってもいまだにイマイチ、ピンと来ないのだが、これだけはいえる。「G Beer」で爺が食べ物や酒を没収された時の表情がたまらなく可愛いのである。

 G Beerとは、先日ホールデビューした『吉宗3』におけるビッグ時の特化ゾーンのひとつ。爺ビッグ時に「連撃」が選ばれればスタートするもので、食べ物にありつければ枚数が上乗せされる一方、お酒を飲むとメーター減少のピンチを迎える。また、ウコンを飲むことでメーターが復活するといったニクい機能もある。

 ベル以外の小役成立、或いはベルの2択正解で爺は飲食するシステムであるから、この間はベルの2択を当てるタイミングがとにかく重要。当然、食べ物の際は当てて、酒の際はハズすことがベストとなるわけだ。

 食べ物と酒には複数の種類があり、どちらも豪華になれば上乗せ期待度がアップし、そのアイコンは5G先まで表示される。

 これも大きなポイントのひとつであり、たとえば現実世界でも「とりあえず…」的な「枝豆」や「出汁巻き」などで連続正解させても、その次に「こぼれいくら」や「ステーキ」、「船盛」などが控えていた場合は嬉しい反面、「今じゃないだろう」と頭を抱えてしまうわけで、実際にそこで2択をハズしてしまうと、爺以上に悲しい表情になる。豪華な料理が控える直前で終わらせてしまった際も同様だ。

 ただ、アタシ自身が酒飲みだからか、食べ物をスルーされた時よりも、酒を奪われた時に見せる爺の表情の方が、より悲しみに満ち溢れているような気がしてならない。無論、そんなことはなくどちらも同じ表情なのだろうが、どうにも胸が痛くなってしまうのである。

 美女2人に囲まれての飲み会。男性ならば誰もが羨むそんな状況であればどんな酒でも美味しいし、何なら水でも酔える。それなのに五臓六腑どころか脳にも染み渡る極上のアルコールを飲めないのは、切なさを通り越して地獄。

 これが吉宗であったならばきっと、剣豪との対決時よろしく、店員を切り刻んでいる可能性すらある。アタシは間違いなく暴れる。

 飲ませてあげたいが、常に飲まれては困る。複雑な思いが交錯する中、結果、G Beerでは毎回、微妙な上乗せ枚数で終了。いつかは「〆のラーメン」まで辿り着いて100枚or711枚のジャッジにドキドキしたいものの、現実はなかなか難しいのである。

 …と、まぁG Beerについてあれこれ語ったが、ホントはゲーム性についてもいろいろと触れるつもりだった。当コラムで以降、書き綴るか否かは分からないが、ビッグ期待枚数「711枚」は伊達ではないので、興味があれば打ってみてはいかがでしょうか。 

(文=濱マモル)


 


 

 

パチスロ新台『吉宗3』実戦で「複雑な思い」が交錯!?【濱マモルの のほほんコラムVOl.65~飲んでも飲まれるな~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!