NEW

JRA新馬戦から一変! エアグルーヴ、エアデジャヴーなど「エア」の名血受け継ぐダノンドリーマーが新潟競馬場2歳「レコード」更新!

【この記事のキーワード】

,

JRA新馬戦から一変! エアグルーヴ、エアデジャヴーなど「エア」の名血受け継ぐダノンドリーマーが新潟競馬場2歳「レコード」更新!の画像1

 10日、新潟5Rの芝2000m戦(2歳未勝利)は、1番人気の支持に応えたダノンドリーマー(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)が快勝した。

 本馬はこのレースで新潟芝2000mの2歳レコードを更新。勝ち時計「2.01.3」は、オウケンムーンが2017年9月に記録した「2.01.8」を0.5秒も上回るタイムであった。

 レースでは、若干アオり気味のスタートとなったが、二の脚を利かせて先行集団を追走。3コーナーでペースが上がるとダノンドリーマーも進出を開始し、残り200mで先頭に立つと他馬の追撃を凌ぎ切りそのまま押し切った。

 デビュー戦ではアオって後方からの競馬だったダノンドリーマー。初戦はスローの流れだった事もあり5着と敗れたが、2戦目で一変を見せた。

 ダノンドリーマーの父ルーラーシップは、キングカメハメハとエアグルーヴの仔。エアグルーヴといえば牝馬ながら、天皇賞・秋(G1)でバブルガムフェローら牡馬を破った名牝だ。

 また、ダノンドリーマーは母系を辿っても3代前にエアデジャヴーという、冠名「エア」の名血が流れている。

 オールドファンには懐かしいであろうエアデジャヴー。桜花賞(G1)3着、オークス(G1)2着、秋華賞(G1)3着と牝馬クラシックで善戦しながらも戴冠には届かなかった馬だ。

 桜花賞、秋華賞はファレノプシスに敗れ、ファレノプシスを徹底マークし唯一先着を果たしたオークスでは、4コーナーで内目を上手く立ち回ったエリモエクセルに足をすくわれた。

 エアデジャヴーの弟には、皐月賞(G1)1着、日本ダービー(G1)2着、菊花賞(G1)1着のエアシャカール。ダノンドリーマーの祖母エアジャメヴーは活躍していないが、その兄には有馬記念で2年連続の3着と健闘したG1の名脇役エアシェイディがいる。

 そんな「エア」の名血が詰まったダノンドリーマー。

JRA新馬戦から一変! エアグルーヴ、エアデジャヴーなど「エア」の名血受け継ぐダノンドリーマーが新潟競馬場2歳「レコード」更新!の画像2

 騎乗した岩田望来騎手は「あまり速く感じなかったですが、レコードタイムでしたね。いい勝ち方でした」と本馬を評価。

 大きなストライドで、スピードを感じさせない走り。それでレコードなのだから「大物」の気配は十分だ。

JRA新馬戦から一変! エアグルーヴ、エアデジャヴーなど「エア」の名血受け継ぐダノンドリーマーが新潟競馬場2歳「レコード」更新!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!