NEW

元JRA安藤勝己氏「距離延長問題ない」サリオス「次走」天皇賞・秋(G1)お墨付きも……「今後はマイルCSか香港」立ち塞がったアーモンドアイ8冠の壁

【この記事のキーワード】

, ,

元JRA安藤勝己氏「距離延長問題ない」サリオス「次走」天皇賞・秋(G1)お墨付きも……立ち塞がるアーモンドアイ8冠とルメール・ファーストの壁の画像1

 11日、東京競馬場で行われた毎日王冠(G2)は、1番人気のサリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が優勝。古馬初対決ながら単勝1.3倍に推された“3歳No.2”が、堂々の始動戦を飾った。

「気持ち良かったです。完璧なレースでした」

 11頭立てで行われた芝1800mのレース。戦前の予想通りトーラスジェミニとコントラチェックが激しい主導権争いを展開した結果、1000m通過は57.9秒。稍重だったことを考慮すれば、かなり厳しいペースだったことが窺える。

 しかし、だからこそ最後の直線ではサリオスの異次元のパフォーマンスが際立った。

 先頭集団を見るような好位を進んだサリオスは、最後の直線で鞍上のルメール騎手がゴーサインを送ると並ぶ間もなく集団を交わし、後続を突き放す。その後はルメール騎手が後ろを振り返る余裕もあり、3馬身のセーフティリードを築くと、最後は馬なりのままゴール板を通過した。

「はっきり言って、次元が違いましたね。今年の3歳牡馬は古馬相手に不甲斐ない結果が続き、レベルそのものを疑問視する声もありました。ですが、少なくともサリオス、そしてコントレイルは『別格』ということなのでしょう。

春は皐月賞、ダービーでコントレイルの2着と、悔しい思いをしたサリオスですが、やはり能力はG1級。朝日杯フューチュリティS以来のビッグタイトルに王手を掛けた勝利と言っても過言ではないと思います」(競馬記者)

 しかし、そうなってくると、ますます気になるのがサリオスの「次走」だ。

元JRA安藤勝己氏「距離延長問題ない」サリオス「次走」天皇賞・秋(G1)お墨付きも……「今後はマイルCSか香港」立ち塞がったアーモンドアイ8冠の壁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!