NEW

JRA武豊「自主隔離」秋G1「ほぼ不参戦」の可能性浮上!? 秋華賞だけでなく菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯なども……

【この記事のキーワード】

, ,

「(11日)現在、米国では日本の感染症危険情報度合いをレベル3(渡航中止勧告)としており、入国後の14日間の自主隔離が義務付けられています。したがって特例でもない限り、日本人騎手が11月7日のブリーダーズCに参戦するには、10月の20日過ぎ辺りには米国へ移動しておかなければなりません」(別の記者)

JRA武豊「自主隔離」秋G1「ほぼ不参戦」の可能性浮上!? 秋華賞だけでなく菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯なども……の画像3

 現在、フランス帰りの影響で18日の秋華賞当日まで競馬に参戦できない武豊騎手だが、仮にブリーダーズCに参戦するのなら、20日過ぎには米国へ入国しておく必要がある。

 そのため、25日の菊花賞(G1)、11月1日の天皇賞・秋(G1)には騎乗できず、さらに帰国後に14日間の自主隔離を行えば、11月15日のエリザベス女王杯(G1)や22日のマイルCS(G1)にも参戦することができない。

「さすがに代償が大きすぎるため、マテラスカイ陣営も鞍上を決めかねているようですが、武豊騎手自身は以前、自身のHPで『国内のリーディング争いという役割はもういいかな』『世界のビッグレースには名馬とともに参戦して話題を振りまき続ける、そんな存在になりたいというのも、これからの一つの大きな目標』と、国内よりも海外参戦を重視する意向を示しています。

先日の凱旋門賞挑戦を迷いなく決めたのも、そういった意思の表れであり、なんとかブリーダーズCスプリントにも参戦したいと考えているかもしれませんよ」(同)

 これまでも数々の国内ビッグレースを“蹴って”、海を渡ってきた武豊騎手。今回の代償はあまりにも大きいと述べざるを得ない状況だが、果たして――。現在“充電中”のレジェンドの今後の動向に注目したい。

JRA武豊「自主隔離」秋G1「ほぼ不参戦」の可能性浮上!? 秋華賞だけでなく菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯なども……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!