NEW

JRA”無双中”C.ルメールに「G1・隔離」の危機!? アーモンドアイ、グランアレグリア、サリオス……お手馬充実も、意外な「落とし穴」

 前走で糸魚川特別(2勝クラス)を勝ったレイパパレ、小牧特別(2勝クラス)を勝ったアリストテレスの収得賞金はともに1500万円。そのため、前者は3/6、後者は4/6の抽選を突破しなければ、G1への出走が叶わないのだ。

「ルメール騎手は今年の3歳世代で有力なお手馬がいないため、チャンスがありそうな上がり馬に騎乗することになったようです。2頭ともノーザンファームの生産馬ということで、リーディングジョッキーを配するということは、かなり期待されているはずです。

秋華賞は春にコンビを組んでいたサンクテュエールも登録しているので、レイパパレが抽選に漏れたとしてもこちらに騎乗するかもしれません。ただ、菊花賞はアリストテレスが抽選に漏れたら騎乗馬なしの可能性も高そうですね。

また、サンクテュエールとレイパパレはどちらもノーザンファームの生産。桜花賞(G1)とオークス(G1)でルメール騎手が騎乗したサンクテュエールよりも、レイパパレの方が序列で上にいるという見方ができますね。コントレイル、デアリングタクトは非ノーザン系なので、ノーザンファームとしても最後の1冠はなんとしても死守したいはずです」(競馬記者)

JRA無双中C.ルメールに「G1・隔離」の危機!? アーモンドアイ、グランアレグリア、サリオス……お手馬充実も、意外な「落とし穴」が襲い掛かるの画像2

 ちなみにルメール騎手は15年のJRA通年免許取得から、3冠レースで馬券に絡まなかった年はなかった。だが、今年はサトノフラッグで挑んだ皐月賞の5着が最高。秋華賞と菊花賞の結果次第では、記録が途切れるかもしれない。

 それを阻止するためにも、まずは2頭が抽選突破することが重要となるだろう。

 ただ、この2週間を乗り切れば、アーモンドアイ、グランアレグリア、サリオス、カフェファラオなど有力馬がスタンバイしている。ルメール騎手にとって、秋の正念場は秋華賞と菊花賞の抽選となりそうだ。

JRA”無双中”C.ルメールに「G1・隔離」の危機!? アーモンドアイ、グランアレグリア、サリオス……お手馬充実も、意外な「落とし穴」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?