NEW

JRAコントレイル、アーモンドアイから逃亡!? 「準2冠馬」サリオス陣営の早過ぎる”マイラー認定”を疑問視する声も

【この記事のキーワード】, ,

JRAコントレイル、アーモンドアイから逃亡!? 「準2冠馬」サリオス陣営の早過ぎるマイラー認定を疑問視する声も の画像1

 11日、東京競馬場で行われた毎日王冠(G2)はC.ルメール騎手の1番人気サリオス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が優勝。秋の飛躍に向けて盤石の滑り出しを決めた。

 11頭立てのレース。稍重の馬場状態をトーラスジェミニが1000m通過58秒のハイペースで逃げたこともあり、隊列は縦長になった。離れた3番手を追走したダイワキャグニーをマークする形でサリオスが追走した。

 直線に入って先行勢の脚色が徐々に鈍ると、残り400mから徐々に追い出しを開始。懸命に抵抗するダイワキャグニーを競り落とすと、ゴールでは楽な手応えのまま3馬身の差をつける大楽勝だった。

 初コンビとなったルメール騎手も「気持ち良かったです。完璧なレースができました。直線はパワーを感じましたし、坂まで我慢して少しずつ加速していきました。すごくいいレースをしてくれました」と絶賛した。

 春準2冠馬が毎日王冠を制したことで、古馬相手の重賞で苦戦が目立っていた世代レベルへの危惧を、ひとまず封印することに成功したといえるだろう。

 その一方、サリオスが所属するシルクホースクラブの米本昌史代表が「今日の結果は最高です」と喜びつつも、同馬の今後の予定について「マイルCS(G1)か香港になると思います」と説明。これに対し、天皇賞・秋(G1)でアーモンドアイとの対決を期待していたファンから賛否の声が沸き起こった。

JRAコントレイル、アーモンドアイから逃亡!? 「準2冠馬」サリオス陣営の早過ぎるマイラー認定を疑問視する声も の画像2

「毎日王冠にルメール騎手が騎乗することが分かった段階で、天皇賞・秋の出走はほぼないことは透けて見えていました。出走してくるのであれば、アーモンドアイの主戦騎手を乗せて来ないでしょうから。

かといって菊花賞への出走は中3週だったかつてと異なり、間隔が中1週となる現在は選択肢からはずれるでしょう。そのため、ファンからは天皇賞・秋でアーモンドアイとの対決を望む声が多く上がりました。

サリオスを管理する堀宣行調教師が秋はマイル中心と述べていたこともあり、回避が濃厚と見られていましたが、こうして公式に発表されたとなるとやはり残念というほかないです」(競馬記者)

 春に2000mの皐月賞、2400mの日本ダービーに出走し、いずれもコントレイルの2着に敗れていたサリオス。だが、相手は無敗3冠という歴史的な偉業を目標に掲げている馬だけに、これを健闘したと見てもおかしな話ではないだろう。

 陣営としても距離適性を見る上でマイルと中距離の間である1800mの毎日王冠を使ったと考えられるが、サリオスは距離の不安を感じさせないレースぶりを見せた。それだけにファンの間で天皇賞・秋の回避が物議を醸したことも無理はないのかもしれない。

 仮にマイルCSに出走した場合、ルメール騎手はグランアレグリアがいるため、鞍上問題に発展する恐れもある。香港のレースに出走するにしても現在のコロナ禍の影響下では実現するかはまだまだ流動的な判断となるだろう。

 はたして春の準2冠馬はこのままマイル路線を歩むことになるのか……。

 今後のローテーションに注目したい。

JRAコントレイル、アーモンドアイから逃亡!? 「準2冠馬」サリオス陣営の早過ぎる”マイラー認定”を疑問視する声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?