NEW

認定切れ「旧規則機」の速やかな「撤去」を。ホール5団体が「21世紀会誓約確認機関」を構築

【この記事のキーワード】

,

認定切れ「旧規則機」の速やかな「撤去」を。ホール5団体が「21世紀会誓約確認機関」を構築の画像1

 高射幸性パチスロ『押忍!サラリーマン番長』などが認定期間満了後も、一部のホールで設置され続けている問題。

 ここぞとばかりに増台する悪質なホールもある中、全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は10月5日、21世紀決議内容を遵守していないホールの通報・確認システム「パチンコ・パチスロ産業21世紀会誓約確認機関」を構築し、10月19日より進めていくことを各会員企業へ通知した。

 この誓約確認機関は、違反ホールに関する情報を収集・共有し、事実確認書を送付。是正確認者の選定などを主にオンラインで行う機関で、通報を受けた場合は真偽を調査したうえで関係諸団体に通知する。業界関係者はもちろん、一般ファンも利用できる。

 業界紙「グリーンべると」によると、ホール5団体は傘下の組合、会員企業に発した文書で、「いまだ21世紀会決議の誓約書を提出していないホールや、誓約書を提出しているにもかかわらず、約束の期限が切れた遊技機を設置しているホールがある」と言及。同決議の遵守は「業界をあげて取り組むべき課題」とし、「正直者が馬鹿を見ることがあってはならない」と注意喚起した。
 
 そのため、「しっかりと業界全体で連携し対応していけるような仕組みが必要」とし、「今回の通報・確認システムを構築した」と説明したという。

 この問題においては「中古機流通協議会」も同日、同決議に対する違反行為があった場合の措置を決定。運用は、やはり10月19日から開始すると協議会構成団体へ告知したそうだ。

 大まかに述べると、誓約書未提出ホールについては「10月18日までに提出がない場合は、10月19日から確認証紙の発給を留保」「10月19日以降の誓約書提出については、誓約書を提出した日より120日間の確認証紙の発給停止措置を講ずることが可能」とのこと。

「高射幸性機回胴式遊技機」未撤去ホールについては「10月19日以降に設置が確認された場合は、即日、確認証紙の発給を保留」、「高射幸性回胴式遊技機以外の遊技機」の撤去期限に違反した場合については「違反行為を確認した日より確認証紙の発給を留保」としたそうだ。

 11月には多くのホールで今なお主軸として君臨する『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』が認定期間を終える。

サラ番以上に同決議を遵守しないホールが現れる可能性があるだけに、いちユーザーとしても今後の動向には注目したいところだ。

認定切れ「旧規則機」の速やかな「撤去」を。ホール5団体が「21世紀会誓約確認機関」を構築のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!