NEW

JRAキセキ京都大賞典(G2)2着も「着に来た回数たぶん14回」……約2年重賞勝ちなしにあの牧場が悲痛な叫び!? クラヴァシュドールで連敗ストップなるか

【この記事のキーワード】

, ,

JRAキセキ京都大賞典(G2)2着も「着に来た回数たぶん14回」……約2年重賞勝ちなしにあの牧場が悲痛な叫び!? クラヴァシュドールで連敗ストップなるかの画像1

 11日(日)の京都大賞典(G2)はグローリーヴェイズが優勝。騎乗した川田将雅騎手は「実績馬が復活することができてよかった」と前走の17着に敗れた宝塚記念(G1)から巻き返し、約10カ月ぶりの勝利を挙げた相棒を称えた。

 だが、そのグローリーヴェイズよりも長きに渡って勝利から遠ざかり、復活を熱望されているキセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は、またしても2着に終わってしまった。

 キセキに初めて騎乗した浜中俊騎手は、前回の武豊騎手を背に2着だった宝塚記念同様に後方待機から早めに進出を開始。最後の直線では上がり3ハロン最速となる34秒3の末脚で猛然と襲いかかるも、3/4馬身届かず2着に終わっている。

 レース後、浜中騎手は折り合いを重視したといい、「行きたがるところはあったが、我慢してくれました。力のある馬だし、地力できてくれたが……」と悔しさをにじませた。そしてキセキの惜しい競馬に、同馬を生産した下河辺牧場のスタッフも反応している。

 京都大賞典後に、下河辺牧場のTwitterアカウントは、「ひゃーー残念 でも前哨戦としては申し分ない競馬だったと思います!」などの感想をツイートし、キセキを応援してくれたファンと交流をはかっていた。そして翌日に、「二年前のグレーターロンドンの中京記念以来重賞勝利から遠ざかっていて、その間着に来た回数たぶん14回」と惜敗を積み重ねていることを明かしていた。

「下河辺牧場は、社台グループなどが幅を利かせているなか、毎年のように好成績を残しています。今年も44勝を挙げて生産者リーディングで6位にランクインするなどして存在感を放っていますね。ですが、菊花賞以降キセキが重賞で2着5回、3着2回など、7回も馬券圏内に入っているものの、あと一歩で勝利からは見放されています。そろそろ結果を出したいところでしょうね」(競馬誌ライター)

JRAキセキ京都大賞典(G2)2着も「着に来た回数たぶん14回」……約2年重賞勝ちなしにあの牧場が悲痛な叫び!? クラヴァシュドールで連敗ストップなるかの画像2

 その下河辺牧場でキセキの次に多く、馬券圏内に入る走りを見せているのが、今週末の秋華賞(G1)に出走を予定しているクラヴァシュドールだ。

 クラヴァシュドールは昨年のサウジアラビアRC(G3)でサリオスの2着に入ると、阪神ジュベナイルF(G1)でも3着と好走。今年のチューリップ賞(G2)も2着と結果を残し、クラシックでも期待される存在だったが、桜花賞(G1)4着、3番人気に支持されたオークス(G1)では果敢に前に出るも、15着の大敗を喫していた。

「秋はローズS(G2)から始動して5着。ただ騎乗したM.デムーロ騎手は『坂で止まったのは久々の分かなと思います』と休み明けが影響したと明かしていました。

1週前追い切りは雨が降る中、栗東の芝コースで6F80秒8、ラスト11秒6と渋った馬場も苦にせず、切れのある走りを見せてくれました。状態は悪くないようですし、叩き2戦目となる本番の秋華賞では、前回以上の走りを見せてくれるはずです」(競馬記者)

 クラヴァシュドールは見事優勝して、下河辺牧場の重賞連敗をストップすることが出来るだろうか。

 無敗の牝馬3冠を狙うデアリングタクトが出走するだけに、立ちはだかる壁は高いかもしれないが、好走に期待したい。

JRAキセキ京都大賞典(G2)2着も「着に来た回数たぶん14回」……約2年重賞勝ちなしにあの牧場が悲痛な叫び!? クラヴァシュドールで連敗ストップなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!