NEW

もう1頭の“ジャパン”がイギリスで再始動。JRA「超大物」2歳の兄を世界の名門厩舎も絶賛! 大物オーナー「最も勝ちたいレース」の実現へ

【この記事のキーワード】

, ,

もう1頭のジャパンがイギリスで再始動。JRA「超大物」2歳の兄を世界の名門厩舎も絶賛! 大物オーナー「最も勝ちたいレース」の実現への画像1

 12日、今年の凱旋門賞(G1)を出走取り消しとなったジャパンがジャパンC(G1)に参戦予定であることが明らかになった。

 キーファーズとクールモアグループが共同所有するジャパン。凱旋門賞は武豊騎手が騎乗する予定だったが、禁止薬物騒動に巻き込まれて出走取消になった。次走は17日にイギリスのアスコット競馬場で行われるチャンピオンS(G1)を予定しており、その後に日本への遠征を予定している。

 馬名もさることながら、欧州のG1馬がジャパンC参戦となれば、盛り上がること間違いなし。昨年は海外馬の出走がなかった同レースに、華を添えることになるだろう。

 その一方、欧州にもう1頭いる“ジャパン”もついに再始動を迎える。

 17日、イギリスのウォルヴァーハンプトン競馬場で行われる条件戦にサトノジャパン(牡3歳、英・M.スタウト厩舎)が登録を行った。

 日本生まれのディープインパクト産駒であるサトノジャパン。里見治オーナーが英ダービー(G1)を目標にヨーロッパへ持ち込んだ期待馬である。昨年10月のデビュー戦を鮮やかな差し切りで制し、『Racing Post』は「強い印象を与えた」と父の馬名を彷彿とさせる評価をした。

 里見オーナーは「スタウトさんもすごくいい馬だと言ってくれている。来年が楽しみになりました」とコメント。世界的な名トレーナーが太鼓判を押す逸材に期待を寄せた。

 しかし、その後は休養に入り、目標である英ダービーの出走は叶わなかった。そして、今回ついに1年ぶりに待望の復帰となる。

 まだ1レースしか走っていない馬だが、ポテンシャルの高さはかなり期待が持てそうな裏付けがある。

もう1頭の“ジャパン”がイギリスで再始動。JRA「超大物」2歳の兄を世界の名門厩舎も絶賛! 大物オーナー「最も勝ちたいレース」の実現へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!