NEW

JRA松山弘平に襲い掛かる「ダブルパンチ」。秋華賞(G1)デアリングタクトの3冠達成に「黄信号」の理由とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA松山弘平に襲い掛かる「ダブルパンチ」。秋華賞(G1)デアリングタクトの3冠達成に「黄信号」の理由とはの画像2

 ミヤマザクラ、リアアメリア、サンクテュエールは、すべてノーザンファームの生産馬。すなわち、オークスではデアリングタクトの2冠を阻止すべく、ノーザンファーム包囲網が敷かれていたということになる。

 ノーザンファーム生産馬は秋華賞にも6頭がエントリー。クラヴェルとレイパパレの2頭は抽選突破が条件となるが、秋華賞でも包囲網が敷かれることは間違いないだろう。

「松山騎手が苦手とする鬼門のコースで、この(ノーザンファーム)包囲網を突破するには、馬群に包まれないことが絶対条件になるでしょう。枠順にもよりますが、外々を通りたいのが鞍上の本音だと思います。デアリングタクトにとって最も怖いのは直線で前が壁になること。多少の距離ロスが生じたとしても、ある程度外目の枠を引き当てたいでしょうね」(同)

 同世代の牝馬の中では抜きんでた実力の持ち主であることは誰もが認めるところ。あとは運(枠順)を味方につけ、ノーザンファーム包囲網を突破するだけだ。

JRA松山弘平に襲い掛かる「ダブルパンチ」。秋華賞(G1)デアリングタクトの3冠達成に「黄信号」の理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配