NEW

JRAアーモンドアイから「闘魂」注入! 秋華賞(G1)マジックキャッスル「仮想デアリングタクト」で“椅子取りゲーム”のリベンジへ

【この記事のキーワード】

, ,

「国枝調教師はデアリングタクトが強いということを認めた上で、やってみないと分からないと意気込んでいます。『上手くロスなく立ち回って、終いの脚を活かせれば』と話しているように、立ち回り次第では逆転もありえると考えているはずですよ。

主戦の浜中俊騎手が騎乗停止のため、大野拓弥騎手に乗り替わりとなりますが、2週連続で追い切りに跨って感触を確かめています。国枝調教師からは『楽しんできなよ』と言われているようで、信頼されていることの表れだと思いますよ」(競馬記者)

 そんなマジックキャッスルの最終追い切りは、すでに仕上がっているということで軽めの内容だった。

 だが、併せた相手はなんと厩舎の先輩アーモンドアイだ。マジックキャッスルの1秒先行で行い、最後は馬なりで併入。2週後に天皇賞・秋(G1)を控える現役最強馬を「仮想デアリングタクト」として、最終調整に起用したのは陣営の気合の表れとも取れるだろう。

 後ろから迫りくるデアリングタクトを抑え込むという意味では、秋華賞につながる追い切りかもしれない。さすが3冠牝馬を管理する国枝厩舎ならではの手法である。国枝調教師は「2冠馬がいますからね、手強いなと思います」と話しながら、ラスト1冠を虎視眈々と狙っているようだ。

 アーモンドアイに気合を注入されたマジックキャッスルの激走に期待したい。

JRAアーモンドアイから「闘魂」注入! 秋華賞(G1)マジックキャッスル「仮想デアリングタクト」で“椅子取りゲーム”のリベンジへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!