NEW

石原さとみ、結婚相手の「一般男性」が東大卒で年収5000万円以上と判明…男性ファンから「一般人のレベルじゃない」と嘆きの声

【この記事のキーワード】

石原さとみ、結婚相手の「一般男性」が東大卒で年収5000万円以上と判明…男性ファンから「一般人のレベルじゃない」と嘆きの声の画像1

 女優の石原さとみが婚約を発表したことの意外な余波が生まれている。世の中の多くの男性が「さとみロス」に嘆く一方、お相手が「会社員の一般男性」と公表されたことで「俺たちも石原さとみと結婚できたかも」「一般人でも女優と結婚できるんだ」といった声が続出していたのだ。

 ところが、徐々にお相手の「超エリート」な素性が明らかになってきたことで、世の男性たちの“希望”が打ち砕かれそうな状況となっている。

 まずは「週刊文春」(文藝春秋)が「お相手は大手外資系金融機関のゴールドマン・サックス証券に勤めるスーパーエリート」と報じたことで、男性ファンが「それ一般男性なの?」とざわつく事態に。

 続いて、発売中の「女性セブン」(小学館)がより詳しく報道しており、同誌によるとお相手の一般男性・Aさんは東大卒の32歳で小泉進次郎似のイケメン。父親の仕事の関係で海外経験が長く、語学も堪能だという。

 また、石原と交際する以前には有名ファッション誌のグラビアにワイルドな海パン姿で登場したこともあったそうで、学生時代にマリンスポーツやサッカーに打ち込んだ細マッチョの肉体派でもあるようだ。

 収入面も超エリート。ゴールドマン・サックス勤務ということで、同社の30代社員の平均年収から「年収2000万円は下らない」と推測されていたが、記事によるとAさんは会社員と並行して投資関連の企業経営などもしており、年収は合計で5000万円以上だという。つまり「一般男性」の正体は、東大卒、イケメン、スポーツマン、一流企業勤務、年収5000万円以上という「超ハイスペ男性」だったのである。

 これにネット上では「もう一般人のレベルじゃない!」「結局、金持ちでイケメンがいいのか…」「少しでも夢を見てしまった自分がバカだった」「こんな一般人、芸能人より珍しいでしょ」「非の打ちどころがなさすぎて嫉妬すらできない……」などと嘆きの声が殺到。

「一般人でも人気女優と結婚できる」というストーリーに夢を見ていた男性たちが失望する事態となっているようだ。

「石原さんもお相手のAさんも創価高校の出身といわれ、石原さんの高校時代の友人がAさんを紹介したともいわれています。ステータス的にも、信教の面でも、これ以上ないお相手ということで石原さんは人生の大きな決断をしたのでしょう。お相手のエリートぶりを考えると、宗教内でも幹部になるなどの出世コースに乗る可能性が高い」(同前)

 何もかもすべて完璧な超エリートで宗教面まで一致……やはり普通の一般人にとっては縁遠い世界の話だったようだ。

石原さとみ、結婚相手の「一般男性」が東大卒で年収5000万円以上と判明…男性ファンから「一般人のレベルじゃない」と嘆きの声のページです。GJは、エンタメ、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!