NEW

JRA秋華賞。ジョッキーも因縁対決!? 松山デアリングタクトVS川田リアアメリア、「絶対あの馬には勝たせない」と意気込むライバル陣営の…!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA秋華賞。ジョッキーも因縁対決!? 松山デアリングタクトVS川田リアアメリア、「絶対あの馬には勝たせない」と意気込むライバル陣営の…!の画像1
今週は注目の秋華賞

 先週行われた毎日王冠は、3歳馬サリオスが圧巻の強さを見せつけた。コントレイルとの対決を除けば4戦4勝の実績、やはり世代屈指の実力馬である。そのコントレイルが出走する菊花賞は来週だが、その前に今週行われる秋華賞に注目が集まっている。デアリングタクトがJRA史上初となる無敗の牝馬三冠馬となれるかどうか、レースの焦点はその一点だ。

 このデアリングタクトは父が菊花賞とジャパンカップを制したエピファネイア。デビューから4戦4勝で桜花賞と優駿牝馬(オークス)を制し、アーモンドアイを超える素質とも囁かれるほど。管理する杉山晴紀調教師は、なんと現在38歳という若さ。厩舎開業5年目で歴史的名牝が誕生したのである。

 同馬に対抗する逆転候補の1番手は、トライアルのローズステークスを快勝したリアアメリアだろう。2歳暮れの阪神JF(G1)は1番人気で敗退するも、オークス4着から復調。気性に問題があるものの、デビュー前から期待されていた素質馬だけに、本格化すればデアリングタクトを脅かす存在になるのは間違いない。

 また鞍上の対決も興味深い。現在秋華賞は9年連続で関西所属のジョッキーが優勝しているが、今年も有力馬の鞍上は関西所属。そしてデアリングタクトの松山騎手が勝っても、リアアメリアの川田騎手が勝っても秋華賞初勝利となる。松山騎手は今年自身最高の95勝を記録し、順調にいけば初の100勝超えは目前。川田騎手もスプリンターズステークス2着、京都大賞典1着と勢いに乗っている。秋華賞は昨年に1番人気で敗退、一昨年は2着と悔しい競馬が続いているだけに意気込みは高いだろう。

 この「松山VS川田」も秋華賞の見どころの一つであり、実はデアリングタクトが2勝目を挙げたエルフィンステークスは、川田騎手が1番人気の馬に騎乗して敗退したレースでもある。もしそのレースで川田騎手が勝利していれば、デアリングタクトは桜花賞に出走できなかった可能性もあっただけに、これは因縁の対決といってもいいだろう。

 馬だけでなく騎手も含めて様々な思惑が絡み合う今年の秋華賞。残念ながら武豊騎手の騎乗はないが、この2頭以外にもウインマリリン、ウインマイティー、マルターズディオサ、ミヤマザクラ、レイパパレ、ムジカ、サンクテュエール、クラヴァシュドールなど伏兵が揃いかなりの混戦模様だ。そもそも過去10年で万馬券は8回発生し、驚きの1098万馬券が飛び出したこともある“荒れる”レース。デアリングタクトという存在があっても、あえて波乱必至と言わせていただこう。

JRA秋華賞。ジョッキーも因縁対決!? 松山デアリングタクトVS川田リアアメリア、「絶対あの馬には勝たせない」と意気込むライバル陣営の…!の画像2
今年の秋華賞は意外にも波乱必至?

 こんなレースこそ、本物のプロがどんなジャッジをするのか気になるところ。なお、ここでいうプロとは、マスコミや誰でも名乗れる競馬評論家や競馬予想家ではなく、実際に競馬サークルで活動し実績がある競馬関係者のこと。そして現状考えられる最高の存在は、競馬情報のプロフェッショナル集団「ワールド」で活動するダービージョッキーの大西直宏氏だろう。

 大西氏は元JRAの騎手として、サニーブライアンで日本ダービーを制したプロ中のプロ。競走馬に跨ったことも競走馬の世話をしたことがない、サラブレッドを知らないマスコミや競馬記者とは異なり、競馬も競走馬もレースも知り尽くす本物の競馬関係者だ。その大西氏が所属する「ワールド」は、元JRA騎手の大西氏だけでなく、元JRA調教師の嶋田功氏など様々な分野で活躍した本物の競馬関係者が数多く所属。本物のプロ集団が、スポーツ紙や競馬専門紙などのマスコミでは入手できない関係者の本音を独占入手している。そしてその情報を大西氏や嶋田氏などのプロフェッショナルが分析し、厳選した情報や買い目として競馬ファンに提供。その実力はもはや業界最強といっても過言ではないほどだ。

 まずこの秋最初のG1レースであるスプリンターズステークスは、本命グランアレグリアが勝利、対抗ダノンスマッシュが2着、そして大穴馬に指名したアウィルアウェイが10番人気3着となり、馬連はもちろん3連複1万430円、3連単2万2540円のダブル万馬券を見事的中させた。

 さらに先週の東京開幕週では、なんと3連単123万7590円という衝撃の超特大万馬券を的中。このレース(10/11東京6R)では、8番人気の人気薄馬を本命に抜擢。相手に選んだのも単勝105倍の13番人気という超穴馬だったが、その2頭が1着2着になるなどで、3連単123万7590円、3連複13万2330円という信じられない馬券を的中させているのだ。こんな馬券を的中できるのは、ワールドが既存のマスコミとは明らかにレベルが違うからであり、今後もこの傾向は続いていくだろう。

JRA秋華賞。ジョッキーも因縁対決!? 松山デアリングタクトVS川田リアアメリア、「絶対あの馬には勝たせない」と意気込むライバル陣営の…!の画像3
衝撃の123万馬券的中!

 そのワールドによると今年の秋華賞は、ダブル万馬券を的中させたスプリンターズステークスを超える大勝負になるそうだ。

「秋華賞の舞台である京都の内回り芝2000mは、人気馬泣かせのトリッキーなコースであり、デアリングタクトも全く不安がないわけではありません。ゆえに、ここで逆転を狙う陣営はかなりの色気を見せており、中には『絶対にあの馬には勝たせない』と豪語する関係者もいるほど。そういった逆転を目論むライバル陣営の本音など、マスコミの紙面やネットニュースにはまず載らない話を多数把握しています。その中には、一般ファンの予想では到底買えないような穴馬もあり、今年の秋華賞も人気通りの簡単な結果にはならないでしょう。

 秋華賞は過去に万馬券を的中させるなど相性のいいレースですし、今年も条件は揃いました。きっちり的中させたいと思いますので、ぜひご期待ください

 とワールドの担当者は自信満々に語っている。もしこの情報を事前に入手できれば、競馬ファンにとって大きなプラスになると考えていたところ、続いてワールドから素晴らしい提案が届いた。

「秋競馬をより楽しんでいただこうと、ギャンブルジャーナルをご覧の方に【秋華賞情報「絞りに絞った3頭」を特別無料公開】いたします。必見の穴馬情報を隠さず公開しますので、ぜひこの情報を利用して秋華賞の予想の参考にしてください」(ワールド担当者)

 デアリングタクトが三冠を達成できるか否か、今週の秋華賞は見るだけでも価値があるレースだが、やはり馬券を獲って一緒にその瞬間を楽しみたいもの。ならば、ここはプロの情報と分析力を参考にするのが良さそうだ。そういった意味では、ダービージョッキー大西氏が所属し、情報力と実績を備えたワールドは、秋華賞の予想を託すのに最適な存在といえよう。今週は忘れずにこの無料情報をゲットしよう。

CLICK→【無料公開!秋華賞・ダービージョッキー大西直宏の厳選3頭】ワールド

※本稿はPR記事です。

JRA秋華賞。ジョッキーも因縁対決!? 松山デアリングタクトVS川田リアアメリア、「絶対あの馬には勝たせない」と意気込むライバル陣営の…!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!