NEW

阪神・藤川球児「最後の戦いの場」へ…今シーズン限りで引退の「火の玉ストレート」の英雄が深夜にTwitterを開設

【この記事のキーワード】

, ,

阪神・藤川球児「最後の戦いの場」へ…今シーズン限りで引退の「火の玉ストレート」の英雄が深夜にTwitterを開設の画像1


 SNSの普及により、今や誰もが簡単に情報を発信できる時代。多くのタレント、アスリートたちも利用しており、リアルタイムで生の声を聞くことができる。

 これはファンとして喜ばしきこと。時として何気ないつぶやきが大論争に発展することもあるが、新聞やテレビなどといったメディアにはない楽しみがある。

 日本国内におけるインスタグラムのフォロワー数1位は、芸人の渡辺直美。Twitterフォロワー数1位は実業家の前澤友作氏で、アスリートでいえばシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が249万人、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が163万人以上のフォロワー数を持つ。両選手のつぶやきは、たびたびメディアでも取り上げられている。

 そんな中、ひとりのNPB選手が10月15日午前0時過ぎに当然、Twitterを開設した。今シーズンでの引退を表明している阪神の藤川球児投手だ。

 最初の投稿は午前0時過ぎの深夜。「阪神タイガースの藤川球児です。突然でしかも深夜にTwitterを始めました」と、自身のフィギア写真を添えながらのお茶目なつぶやき。「今の自分に少しでも力を分けてください」とも続けた。

 午前11時過ぎには、スーツ姿で阪神鳴尾浜球場に隣接する寮「虎風荘」の前で決めポーズ。「18歳で入寮した2軍施設内の寮です」「すべての下積み経験はここにありました」「今日の朝、最後のお別れをしてきました…」「本当にありがとうございました」などとつぶやいた。

 これらツイートに、早くも多くのファンが反応。「たくさんの感動をありがとう」「藤川選手に憧れて野球を始めた」「最後まで頑張ってください」など多数のコメントが寄せられ、「球児なら達成できる」と、残り5つに迫った「日米通算250セーブ」達成を願う声もあった。

 藤川は昨年、日本球界復帰後最多となる56試合に登板して4勝1敗、16セーブ、23ホールド、防御率1.77の好成績を上げるも、今シーズンは失点を重ねることが多く、6月12日、8月13日とコンディション不良で2度、出場選手登録を抹消された。9月1日には「1年間、体の準備が整わないのはプロとして失格」と、引退会見を行った。

 「ここからは最後の戦いの場へ行ってきます」

 Twitterを開設したこの日から、藤川は1軍に再合流する。このつぶやきは、藤川の決意表明か。引退セレモニーは11月10日の巨人戦で行われる予定だが、それまでの躍動に期待したい。

 

阪神・藤川球児「最後の戦いの場」へ…今シーズン限りで引退の「火の玉ストレート」の英雄が深夜にTwitterを開設のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!