NEW

土屋太鳳、イケメン俳優と熱烈ハグ報道で「嫌われ女優」化が加速!?「スキンシップ好き」の天然キャラに猛批判

【この記事のキーワード】,

土屋太鳳、イケメン俳優と熱烈ハグ報道で「嫌われ女優」化が加速!「スキンシップ好き」の天然キャラに猛批判の画像1

 女優の土屋太鳳がイケメン俳優と熱い抱擁を交わしている……という男性ファンがドキリとするようなスクープ記事が飛び出した。実際は肩透かしともいえる内容でファンを安堵させたのだが、一部で「女子から嫌われるタイプ」などと“嫌われ女優”化を指摘する声が上がっている。

 発売中の「女性セブン」(小学館)が土屋の抱擁写真を掲載しており、ハグのお相手は深夜のラジオ番組で共演した人気イケメン俳優の桜田通。Netflixで配信予定のドラマ『今際の国のアリス』などで共演し、土屋がラジオ番組内で「通くんって、すごくカッコイイよね」と語りかけるなど互いに距離が近い存在のようだ。

 記事では、ラジオ局の通用口から出てきた土屋が桜田の元に駆け寄って熱いハグを交わし、名残惜しそうに手を振りながら車に乗り込むまでの様子がリポートされている。

 小柄な土屋が背伸びしながら身長180センチの桜田の首に手を回し、しっかりと抱きついて密着している様子は「熱烈ハグ」という言葉がぴったり。カップルでも公共の場でここまで熱いハグは交わさないかも……というレベルだ。

 男性ファンが「熱愛か!?」とショックを受けそうな写真だが、同記事の関係者コメントによると、土屋は普段から欧米人のようなボディランゲージやスキンシップで親密さを表現するタイプで、桜田とは10代のころからの友人関係なのだという。

 また、土屋は過去に山崎賢人や北村匠海らとのデート報道があったが、それも男友達との親密さを隠さないオープンなタイプであるため、マスコミに熱愛と勘違いされてしまった結果なのだという。

 これに多くの男性ファンが安堵することになったが、一部の女性層からは猛反発が発生。「男友達に普通に抱きつける女性ってヤバイでしょ」「男子からは好かれるだろうけど女子からは嫌われるタイプ」「友達だとしてもハグなんてしたら通くんのファンは嫌な気持ちになる」「女性から見ると、天然みたいな感じで男子にスキンシップするタイプが一番厄介」などと厳しいコメントが飛び交っている。

「昨年、土屋さんは『週刊女性』(主婦と生活社)のアンケート企画『嫌いな女』ランキングで、若手女優ではワーストとなる第7位になっています。黒髪ストレートで目元がキリっとしたタイプなので『気が強そう』と思われるのが原因と推測されていましたが、投票者たちはそれとは別の嫌われポイントを嗅ぎ取っていたのかもしれませんね」(芸能ライター)

 イケメン俳優の男友達が多く、スキンシップ好きで男子から好かれやすいとなれば、女性層から嫌われる要素としては十分すぎるほど。今回の報道をきっかけに「嫌われ女優」化が加速していく可能性もありそうだ。

土屋太鳳、イケメン俳優と熱烈ハグ報道で「嫌われ女優」化が加速!?「スキンシップ好き」の天然キャラに猛批判のページです。GJは、その他、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • その他
  • 総合
  1. 広瀬すず、広瀬アリス兄「逮捕」の衝撃……最悪の「交通事故内容」で姉妹のCMや「NHK朝ドラ」にも大影響?
  2. 西野七瀬に“不仲説”が再浮上!? 白石麻衣との「殴り合いMV」がアノ号泣騒動を想起
  3. 原幹恵「休業」は「高部あい薬物とばっちり」「経験人数3ケタ疑惑」のせい? 復活の時はくるのか
  4. yuiが離婚……壮絶「活動休止理由」と芸能界の闇……今後活躍が厳しい「根本の下手」とは
  5. 綾瀬はるかを「マジギレ」させた「バカ説」本田翼の失策!? 『奥様は、取り扱い注意』でせっかく「アッチ」は持ちこたえたのに……
  6. ホリエモン「マジこいつクソ」とSBI社長・北尾吉孝氏を糾弾に称賛? 10年以上前の「因縁戦争」終わらず?
  7. ワンオク「活動休止」も……ドラムTomoya「淫行」発覚。異常「性癖」に嫌悪感多数、世間の目厳しく
  8. 乃木坂46「最悪事件連発」で人気急落間近……「カメラ落下→平常開催」「レコ大デキ」に続き「大量投棄」も?
  9. 巨人「ノーノー達成」も選手は興覚め!? 球団に根付く確執……次期監督大本命・松井秀喜氏の「離反」によって誕生した高橋監督は権力の犠牲者?
  10. 「ユニバーサル」損賠賠償請求もパチスロ機低迷の地獄……『HANABI』『バーサス』人気誇るノーマル機「ネタ枯渇」が窮地にダメ押しか