NEW

JRA秋華賞(G1)デアリングタクトは「危険」!? 先週3連単3点で的中の「マル秘情報」が導き出す「激走馬」に注目! 京都内回りコース巧者はいったい……

【この記事のキーワード】

, ,

「☆」はミスニューヨーク(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 杉山厩舎2頭出しのもう1頭。抽選を突破して出走が叶ったが、侮れない存在だ。「2頭出しは人気薄を狙え」という格言があるように、伏兵として波乱を起こすことに期待したい。

「前走の紫苑Sは直線でスムーズさを欠きましたが、それでも力のあるところを見せています。一叩きしてデキは上がっていますし、着実に良化しているようです。能力を発揮できれば、G1で好走してもおかしくないはずです」(競馬記者)

 これまで全レースで手綱を取ってきた加藤祥太騎手が騎乗停止中のため、今回は長岡禎仁騎手を鞍上に迎える。「杉山晴厩舎×長岡騎手」といえば、フェブラリーS(G1)は最低人気ケイティブレイブで2着、小倉記念(G3)を10番人気アールスターで制するなど、今年の重賞で穴を空けてきたコンビ。三度、波乱を呼び込むかもしれない。

 なお、上位人気が予想されるリアアメリアは「消し」とする。オークスで4着、ローズS(G2)で1着と、復調気配が漂っているがすべて左回りコース。右回りは新馬戦を勝っているが、阪神JF(G1)と桜花賞(G1)で大敗している。また、ローズSは展開が向いたという側面もある。これらの理由で買い目から外したい。

 買い目は以下の通り。

 3連複 2頭軸流し 3点

 軸[5,13]  相手[1,15,17]

 秋華賞は荒れるレースということで、安全策の3連複。とはいえ、小点数でアツく勝負することで、高額払い戻しを狙いたい。

(文=ハナビ杉崎)

JRA秋華賞(G1)デアリングタクトは「危険」!? 先週3連単3点で的中の「マル秘情報」が導き出す「激走馬」に注目! 京都内回りコース巧者はいったい……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!