NEW

JRAジャパンC(G1)エネイブル最大のライバル参戦!? 英オークス(G1)9馬身差圧勝「凱旋門賞」で1番人気に推された天才少女が来日濃厚な理由

【この記事のキーワード】

,

 2005年以来の外国馬制覇なるか――。

 11月29日、東京競馬場・芝2400mで行われるジャパンC(G1)の、海外予備登録馬がJRAから発表された。

 39回目で初めての外国馬未出走となった昨年とは打って変わり、今年は予備登録段階で豪華メンバーが顔を揃え複数の出走が見込まれる状況だ。

 コロナの影響で、フランスやイギリスではG1の賞金が大幅にダウン。凱旋門賞(G1)の優勝賞金も171万4200ユーロ(約2億1085万円)と例年の4割減となった。

 しかし、ジャパンCの優勝賞金は例年通りの3億円。その魅力は例年以上に増しており、外国馬の本気モードも伺えるというわけだ。

 JRAが発表した海外からの予備登録馬は、アイルランド馬が5頭でフランス馬が3頭。注目のA.オブライエン厩舎からは、アンソニーヴァンダイク、ジャパン、ラブの3頭が登録してきた。

 武豊騎手が凱旋門賞で騎乗予定だったジャパンに注目が集まるところではあるが、中でも最注目はラブ(牝3歳、愛国・A.オブライエン厩舎)だろう。

 現在までの成績が10戦6勝とそれほどインパクトはないが、今年に入ってのG1・3連勝が強烈だ。

英1000ギニー(G1)4馬身1/4
ニューマーケット競馬場

英オークス(G1)9馬身
エプソム競馬場

ヨークシャーオークス(G1)5馬身
ヨーク競馬場

 4馬身1/4、9馬身、5馬身とG1レースながら全て圧勝で、3連勝中と勢いに乗っているのだ。

 凱旋門賞は馬場の悪化により出走を取りやめたが、3連勝で評価を上げたラブは、一時エネイブルを上回るほどのオッズとなっていた。取りやめ前も各ブックメーカーのオッズは、エネイブルに続く2番人気に推され「2強」といわれていたほどの馬だ。

 しかし、パリロンシャンと府中の馬場は別物。実際に2005年のアルカセット以降、外国馬の勝利はない。

 だが、それでもラブにはチャンスがあると記者はいう。

JRAジャパンC(G1)エネイブル最大のライバル参戦!? 英オークス(G1)9馬身差圧勝「凱旋門賞」で1番人気に推された天才少女が来日濃厚な理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!