NEW

JRA「歴史的屈辱」秋華賞(G1)13着リアアメリアが最先着ノーザンファームの壊滅……2017年生まれ「509頭」から選ばれたエリートが「5頭」デアリングタクトの前に散る

【この記事のキーワード】

,

JRA「歴史的屈辱」秋華賞(G1)13着リアアメリアが最先着ノーザンファームの壊滅……2017年生まれ「509頭」から選ばれたエリートが「5頭」デアリングタクトの前に散るの画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 18日、京都競馬場で行われた秋華賞(G1)は、1番人気のデアリングタクトが優勝。史上初となる無敗での牝馬三冠を達成し、競馬界にまた一つ新たな伝説が誕生した。

 まさに競馬のロマンが凝縮された奇跡のような今年の牝馬三冠レースだった。デアリングタクトを生産した長谷川牧場は、北海道日高町で毎年10頭未満の馬を生産している小さな生産牧場。デアリングタクトが生まれた2017年の“同期生”はわずか5頭しかいない。

 ましてや、デアリングタクトは同年にノーザンファームが主催するセレクトセールに上場されるも「主取り」という苦い経験を味わっている馬。そんな“劣等生”の大逆転劇が今年の競馬界を席巻し、この日の秋華賞でついにフィナーレを迎えた。

 一方、そんな秋華賞を屈辱的な結果で終えたのが、現在8年連続で生産牧場リーディングに輝く絶対王者ノーザンファームだ。

【注目記事】

JRA秋華賞「騎乗停止」浜中俊、泣きっ面にハチ!?「お手馬」マジックキャッスル国枝栄調教師「レースは完璧」代打・大野拓弥を大絶賛!

JRAデアリングタクト「ゴリ推し放送」に非難轟々!? フジテレビ『みんなのKEIBA』秋華賞(G1)「2着馬」一度も名前呼ばれずレース終了の悲劇

JRA「もう1頭の無敗女王」レイパパレと川田将雅の運命分けた除外!? デアリングタクト秋華賞(G1)の裏で「ルメール強奪」を逃れた圧勝劇

JRA「歴史的屈辱」秋華賞(G1)13着リアアメリアが最先着ノーザンファームの壊滅……2017年生まれ「509頭」から選ばれたエリートが「5頭」デアリングタクトの前に散るのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!