NEW

JRA菊花賞で「3本の矢」がコントレイルを急襲! 三冠最終戦に流れる不穏な情報と包囲網!?

【この記事のキーワード】

, ,

コントレイルに襲い掛かる3頭の穴馬とは?

 激戦となった秋華賞も終わり、いよいよ今週は3歳クラシック最終戦の菊花賞だ。皐月賞と日本ダービーを快勝、現在無敗の二冠馬で、ディープインパクト以来となる無敗の三冠馬を目指すコントレイルが断然の主役。マスコミの過剰な偏向報道を見る限り、すでに脇役すらも存在しない状態だが、果たしてコントレイルに死角はないのか? コントレイルを脅かす思わぬ伏兵はいないのか? 競馬ファンの中でも穴党の馬券ファンからすれば、ぜひそのあたりを詳しく知りたいところだろう。

 しかし現在JRAは新型コロナウイルスの感染防止対策で、取材時間や取材方法の制限、さらに一部競馬記者などを取材規制で排除しており、本物の情報が世に出にくくなっている。しかも今年は登録馬が29頭と多く、抽選対象となる馬も6頭と少なくない。それだけにより取材が隅々まで及ばず、情報が表に出にくくなっているのだ。

 出走予定馬は福永祐一騎手が騎乗するコントレイルを筆頭に、日本ダービー3着で池添謙一騎手のヴェルトライゼンデ、重賞2連勝で内田博幸騎手のバビット、弥生賞の勝ち馬で戸崎圭太騎手のサトノフラッグ、スプリングステークスの勝ち馬で川田将雅騎手のガロアクリーク、京都新聞杯の勝ち馬で和田竜二騎手のディープボンド、札幌2歳ステークスの勝ち馬で藤岡佑介騎手のブラックホール、さらに抽選対象だが、2勝クラスを勝ち上がったルメール騎手のアリストテレス、武豊騎手のアンティシペイト、北村友一騎手のダノングロワールなど実力馬がズラリ。しかしこの中でどの馬が馬券に絡むチャンスがあるのか、ファンは絞り込めないのが現実だろう。

 そんな悩める競馬ファンにとって、菊花賞を攻略する上で最適といえるパートナーを紹介しよう。それが創業39年の歴史を持つ競馬情報分析のプロ集団「ホースメン会議」だ。

 ホースメン会議は、競馬の神様と呼ばれた大川慶次郎氏が「馬券を的中させる喜びをファンに届けたい」という思いで設立。来年で創業40年という老舗で、これほどまでに長く続けていられるのは、実際に多くの的中を届けていること、そして競馬ファンや競馬関係者から多くの支持を集めているからだろう。

第一線で活躍する能勢俊介氏

 現在は競馬専門チャンネルやラジオで解説を歴任している能勢俊介が、師である大川慶次郎氏から引き継ぐ形で総監督を務め、日刊スポーツの本紙を25年にわたって勤め上げ、長らく現場で取材してきた堀内泰夫、電話一本で後輩騎手から本音を入手可能な元JRA騎手の東信二、リーディング上位の調教師と懇意で直接情報を聞ける大阪スポーツ元本紙の米原聡などのスタッフ在籍しており、表に出ない関係者情報が日々届けられるという。特に元JRA騎手の東信二氏は、サクラスターオーで菊花賞を制した実績もあり、菊花賞の勝ち方を熟知する本物の競馬関係者。今週行われる菊花賞を攻略する上で、これ以上ない人材といえるだろう。

 そんなホースメン会議は神戸新聞杯の直後から菊花賞の情報収集と分析を行っており、すでに的中を確信する段階にまで至ったという。

「菊花賞と言えば、2018年に7番人気の低評価だったフィエールマンを確信の本命馬に指名し、3連単10万590円という10万馬券を的中させております。当時はノーザンファームとルメール絡みの勝負情報を独占入手したわけですが、レース後は多くのファンからお礼のメールが殺到しました。

 今年の菊花賞にも、当社予想陣をして『フィエールマンのような激走可能な穴馬が出走する。その馬が馬券に絡めば、コントレイルが三冠を達成しても、いい配当になるだろう』と言わしめるほどの一戦。10万馬券となるかはわかりませんが、かなりの配当妙味があるといっていいでしょう。

 今年の菊花賞で1番人気が濃厚なコントレイルは、父がディープインパクトではあるものの、ノースヒルズの生産馬であるように、いわゆる非社台グループ系です。今年の菊花賞には、ノーザンファームを筆頭とする社台グループの馬が多数出走予定。同馬を負かすために包囲網が敷かれてもおかしくありません。もしそれが現実となった場合…

 これ以上は言えませんが、断言できるのは、そういった状況でコントレイルの扱い、つまり取捨はハッキリしているということ。そして当社予想陣は、前述のフィエールマン級の超穴馬を含め、最終的に3頭の穴馬情報を把握しました。その結果、今年の菊花賞は予想以上に配当的な期待が高まっています。

 そんな菊花賞を注目している皆様も多いことでしょう。そこで、競馬ファン拡大の特別企画として、今週の菊花賞は特別に【穴馬3頭と買い目】を完全無料で一般公開することになりました。

 我々も競馬関係者の立場であり、このコロナウイルスの状況で競馬人気の向上に協力できればと考えています。ぜひこの情報を活用し、菊花賞を一緒に盛り上げましょう」

 以上のようにホースメン会議の見解からも、この菊花賞は一筋縄ではいかないレースであり、しかもコントレイルという絶対的存在がいながらも万馬券などの高配当馬券が狙えるというのだ。

ホースメン会議なら夢のような払戻も可能だ

 このホースメン会議は菊花賞の10万馬券のように、この秋も多くの万馬券や注目の勝負レースを的中させている。中でも9月19日には中京メインレースで3連単17万8980円の10万馬券を難なく的中。ホースメン会議の情報を参考に馬券を購入したファンからは

「たった200円ずつ買って30万以上儲けた!ありがとう!」

「100円が一瞬で17万円になった。凄すぎる」

 など多くの反響が届いたという。これが40年に渡って競馬予想業界のトップに君臨してきた実力だろう。

 なおホースメン会議は、今週の菊花賞はもちろん、次週の天皇賞(秋)でも、すでに新聞には載らないレベルの強力情報を把握しているという。アーモンドアイがJRA初のG1レース8勝到達となるか、それともまさかの結末となるか、来週以降のホースメン会議が公開する情報も目が離せない。

 いずれにせよ、まずは今週の菊花賞だ。ホースメン会議の無料情報を参考に馬券を購入し、コントレイルが無敗の三冠馬となるのか、その瞬間と結末をしっかりその目に焼き付けよう。

CLICK→【無料公開!菊花賞「穴馬3頭と買い目」】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

JRA菊花賞で「3本の矢」がコントレイルを急襲! 三冠最終戦に流れる不穏な情報と包囲網!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!