NEW

JRA「コントレイルVSデアリングタクト」にアーモンドアイ緊急参戦!? 国枝栄調教師「ジャパンCで待ってるぞ!」三冠女王対決に堂々の宣戦布告

JRA「コントレイルVSデアリングタクト」にアーモンドアイ緊急参戦!? 国枝栄調教師「ジャパンCで待ってるぞ!」三冠女王対決に堂々の宣戦布告の画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 18日、京都競馬場で行われた秋華賞(G1)を無敗の二冠牝馬デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が優勝。JRA史上初となる無敗の牝馬三冠馬が誕生した。

 桜花賞(G1)が1馬身半差、オークス(G1)が半馬身差、そして秋華賞が1馬身1/4差。一見するとアーモンドアイやジェンティルドンナといった過去の三冠馬と比較して、デアリングタクトに派手さはない。

 だが、それでも重馬場や不利などを跳ね返す精神力、三冠を勝ち切った勝負強さは、やはり同世代では1枚も2枚も上。そして何より、これまでどんな名牝でも辿りつけなかった無敗による牝馬三冠の快挙が、本馬の底知れぬスケールを物語っている。

 こうなると、ファンの興味は「デアリングタクトが一体どこまで強いのか」という点に尽きるだろう。

 今後は同世代の枠を超えて、歴戦の古馬と矛を交えることになるが、次走の最有力候補に挙がっているのが、11月のジャパンC(G1)だという。

「まだ、陣営から具体的な次走が明言されたわけではありませんが、デアリングタクトが所属するノルマンディー(サラブレッドレーシング)の岡田牧雄代表は、秋華賞後に『アーモンドアイやコントレイルなど、強い馬に当てていくという一択』と不退転の決意を示しています。

この点からも順調に行けば次走は、すでにコントレイル陣営が出走予定を明言しているジャパンCになることが濃厚です」(競馬記者)

 もし、コントレイルが今週の菊花賞(G1)で無敗の三冠を達成すれば、ジャパンCでは史上初の無敗三冠馬同士の激突になる。コロナ禍に沈む競馬界が、空前の盛り上がりを見せることは間違いないだろう。

 一方そんな歴史的一戦に、来週の天皇賞・秋(G1)で史上初の芝G1・8勝が懸かる女王アーモンドアイが参戦する可能性が高まっているというから驚きだ。

JRA「コントレイルVSデアリングタクト」にアーモンドアイ緊急参戦!? 国枝栄調教師「ジャパンCで待ってるぞ!」三冠女王対決に堂々の宣戦布告のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
3武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
4 C.ルメール「単勝1.7倍」のドン詰まりに大ブーイング!? 行く先々で“前が壁”…近親に二冠牝馬を持つ良血馬がまさかの不完全燃焼
5「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
6武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明
7JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号
8ジャパンC(G1)横山武史もガックリ「玉砕覚悟」の大捲り!? 武豊キタサンブラック再現のはずが、キセキ3度目の4コーナー先頭に大歓声
9桜花賞グランアレグリア、優駿牝馬ラヴズオンリーユー、秋華賞クロノジェネシス「合計G1・13勝」伝説になった2019年牝馬三冠の激闘! 一方「牡馬」は……
10ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼