NEW

JRA「コントレイルVSデアリングタクト」にアーモンドアイ緊急参戦!? 国枝栄調教師「ジャパンCで待ってるぞ!」三冠女王対決に堂々の宣戦布告

JRA「コントレイルVSデアリングタクト」にアーモンドアイ緊急参戦!? 国枝栄調教師「ジャパンCで待ってるぞ!」三冠女王対決に堂々の宣戦布告の画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 18日、京都競馬場で行われた秋華賞(G1)を無敗の二冠牝馬デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が優勝。JRA史上初となる無敗の牝馬三冠馬が誕生した。

 桜花賞(G1)が1馬身半差、オークス(G1)が半馬身差、そして秋華賞が1馬身1/4差。一見するとアーモンドアイやジェンティルドンナといった過去の三冠馬と比較して、デアリングタクトに派手さはない。

 だが、それでも重馬場や不利などを跳ね返す精神力、三冠を勝ち切った勝負強さは、やはり同世代では1枚も2枚も上。そして何より、これまでどんな名牝でも辿りつけなかった無敗による牝馬三冠の快挙が、本馬の底知れぬスケールを物語っている。

 こうなると、ファンの興味は「デアリングタクトが一体どこまで強いのか」という点に尽きるだろう。

 今後は同世代の枠を超えて、歴戦の古馬と矛を交えることになるが、次走の最有力候補に挙がっているのが、11月のジャパンC(G1)だという。

「まだ、陣営から具体的な次走が明言されたわけではありませんが、デアリングタクトが所属するノルマンディー(サラブレッドレーシング)の岡田牧雄代表は、秋華賞後に『アーモンドアイやコントレイルなど、強い馬に当てていくという一択』と不退転の決意を示しています。

この点からも順調に行けば次走は、すでにコントレイル陣営が出走予定を明言しているジャパンCになることが濃厚です」(競馬記者)

 もし、コントレイルが今週の菊花賞(G1)で無敗の三冠を達成すれば、ジャパンCでは史上初の無敗三冠馬同士の激突になる。コロナ禍に沈む競馬界が、空前の盛り上がりを見せることは間違いないだろう。

 一方そんな歴史的一戦に、来週の天皇賞・秋(G1)で史上初の芝G1・8勝が懸かる女王アーモンドアイが参戦する可能性が高まっているというから驚きだ。

JRA「コントレイルVSデアリングタクト」にアーモンドアイ緊急参戦!? 国枝栄調教師「ジャパンCで待ってるぞ!」三冠女王対決に堂々の宣戦布告のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!