NEW

阪神・矢野監督「信用失墜」で解任の危機!? 次期監督「候補リスト」は外様が中心か!?

【この記事のキーワード】

,

阪神・矢野監督「信用失墜」で解任の危機!? 次期監督「候補リスト」は外様が中心か!?の画像1

 巨人・の原辰徳監督の胴上げはいつか……。今季のセ・リーグは、クライマックスシリーズがないため、巨人戦以外はすでに消化試合モードとなっている。

 ライバル阪神は、なんとか勝率5割を維持しているものの、チームは“空中分解”の一歩手前。春先の藤浪晋太郎に続き、9月には球界最年長の福留孝介らが新型コロナウイルスに集団感染。選手やスタッフら11人に対し、制裁金などの処分が科された。

 一方で大問題となっているのが、矢野燿大監督に対する球団内外からの疑惑の目だ。

 今月12日の『夕刊フジ』(産業経済新聞)の記事によると、矢野監督はチームの内規で定められた「4人以内」を上回る大人数で会食していたことが明らかとなったようだ。

 問題は福留ら選手には制裁が科された一方、矢野監督にはお咎めなし。球団社長がシーズン終了後の辞任を発表したが、張本人の矢野監督は来季続投が既定路線という。これには、虎ファンからも総スカン状態なのも当然だろう。監督としての信用は失墜し、統率力を失ったと判断されれば解任、もしくは潔く自ら辞任するという可能性も出てきそうだ。

 そうなった場合の「次期監督」について、ある野球記者に見解を聞いた。

「現状の阪神に対する世間の風当たりからすれば、すでに次期監督の“候補リスト”が作られていてもおかしくないと思います。そして、今のタイガースを立て直すには、外部の血を入れる必要があると思います。

2000年代に2度のリーグ優勝を果たしましたが、野村克也、星野仙一という外様監督がチームの土台を築きました。その後は再びOBが指揮を執っており、一定の成績は残していますが、この状況において、大きな変化は絶対に必要でしょう」(野球記者)

 あくまでも「個人的見解」と前置きしたうえで最初に挙げたのが、落合博満氏だ。2004年から8シーズンにわたり中日の指揮を執り、リーグ優勝4度、2位が3度、3位が1度。すべてAクラス入りという素晴らしい成績を残した。

「日本一から最も遠ざかっている阪神がすぐに結果を求めるのなら、最適だと思います。今の球界で巨人の原辰徳監督に太刀打ちできるとすれば、落合監督の一択でしょう」(同記者)

 2人目として名前を挙げたのが、中畑清氏だ。2012年から4シーズンにわたってDeNAで指揮を執った経験がある。中日で常勝チームを作り上げた落合氏に対し、育成面で成功を収めた中畑氏。結果は5位と最下位が2度ずつで、成績は振るわなかったが、現在のラミレス監督政権下で、Aクラスの常連となる礎を築いた。

「巨人OBということで、阪神ファンの反感があるかもしれませんが、伝統の一戦で『原vs中畑』が実現すれば面白いと思います。筒香嘉智(現レイズ)や梶谷隆幸を我慢強く育てた手腕は、若手野手が多い今の阪神にはうってつけではないでしょうか」(同記者)

 3人目として挙がったのが、元ヤクルトの古田敦也氏だ。野村克也元監督の教え子として、まさに代表格。2006~07年には、ヤクルトで選手兼任監督という大役を務めたが、現役引退と同時に監督も退任した。その後は一度もユニフォームホームに袖を通していない。

 今年6月には、阪神などで活躍した片岡篤史氏のYouTubeチャンネルで、監督復帰への意欲を語っており、オファーがあれば引き受けるだろう。出身は地元の兵庫県で、野村監督から受け継いだDNAを再び注入するなら、古田監督も一手ではないだろうか。

阪神・矢野監督「信用失墜」で解任の危機!? 次期監督「候補リスト」は外様が中心か!?のページです。GJは、スポーツ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!