NEW

JRAコントレイル「福永祐一」菊花賞(G1)で思い出される「クビ差」の代償。矢作芳人調教師コンビで塗り替える「ほろ苦い」思い出

【この記事のキーワード】

, ,

JRAコントレイル「福永祐一」菊花賞(G1)で思い出される「クビ差」の代償。矢作芳人調教師コンビで塗り替える「ほろ苦い」思い出の画像1

 先週の秋華賞(G1)では、デアリングタクトにより無敗の牝馬3冠が達成され、競馬ファンが大きく沸いた。そして、今週の菊花賞(G1)ではコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が偉業に向けて大きな期待を集めている。

 デビューから6連勝中。ホープフルS、皐月賞、日本ダービーとG1を3勝し、今回の菊花賞で「無敗牡馬3冠」の期待がかかるコントレイル。騎乗するのは、もちろん福永祐一騎手だ。

 福永騎手といえば、過去に菊花賞をエピファネイアで勝利。先週の秋華賞を勝利したデアリングタクトの父である。

 ゆかりのある馬がG1を勝利したわけだが、コントレイルを管理する矢作芳人調教師とのコンビでは、過去に菊花賞での「ほろ苦い」思い出がある。

 思い出されるのは、5年前の菊花賞だ。

JRAコントレイル「福永祐一」菊花賞(G1)で思い出される「クビ差」の代償。矢作芳人調教師コンビで塗り替える「ほろ苦い」思い出の画像2

 デビュー戦、共同通信杯(G3)を連勝し、一躍クラシックの本命候補に躍り出たリアルスティール。矢作芳人厩舎の管理馬で、デビュー戦から手綱を握ったのが福永騎手だった。

 しかし、1番人気で迎えたスプリングS(G2)には、年明けデビューの「怪物」が潜んでいた。サブちゃんの愛称でお馴染み、歌手の北島三郎氏が所有するキタサンブラックだ。

 レースでは中団から進めるも、最後はキタサンブラックをクビ差捉えられなかった。福永騎手は、開口一番「届かなかったなあ……」と口にし、悔しそうな表情を見せたが「返し馬から体が立派かなと思っていたし、追い出しての反応が鈍かった。もうひと絞りできれば……ここを叩いて良くなりそうだよ」と本番への期待を口にした。

 本番の皐月賞(G1)では、その期待通りにキタサンブラックに先着。しかし、共同通信杯で破ったドゥラメンテの末脚に屈し2着と敗れた。

 完全に勢いづいたドゥラメンテは、次の日本ダービー(G1)も圧倒的な能力を見せつけ快勝。福永騎手のリアルスティールは4着に敗れている。

 しかし、日本ダービーから約1カ月後、2冠馬ドゥラメンテの両前脚骨折が判明。主役不在の菊花賞(G1)にチャンスありかと思われたが、今度は皐月賞で先着したキタサンブラックを捉えられず2着に敗れた。

JRAコントレイル「福永祐一」菊花賞(G1)で思い出される「クビ差」の代償。矢作芳人調教師コンビで塗り替える「ほろ苦い」思い出のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!