NEW

JRA池添謙一「オルフェーヴルよりヤバい」!? 菊花賞(G1)ヴェルトライゼンデ「狂気」父の血が秘める一発大逆転のポテンシャル

【この記事のキーワード】

, ,

JRA池添謙一「オルフェーヴルよりヤバい」!? 菊花賞(G1)ヴェルトライゼンデ「狂気」父の血が秘める一発大逆転のポテンシャルの画像1

 先週のデアリングタクトと同じく、コントレイル一色となりそうな今年の菊花賞(G1)。

 コントレイルはデビューから6連勝し、内3勝がG1という規格外の「怪物」である。前哨戦となる前走の神戸新聞杯(G2)ではアッという間に抜け出すと、最後は抑えるほどの余裕があったのだから注目が集まるのも当然だろう。

 しかし、今回の菊花賞は淀の3000mという若駒にとって初めての距離設定。何が起こっても驚けない舞台である。

JRA池添謙一「オルフェーヴルよりヤバい」!? 菊花賞(G1)ヴェルトライゼンデ「狂気」父の血が秘める一発大逆転のポテンシャルの画像2

 そんな中、一発逆転の魅力を秘めるのがヴェルトライゼンデ(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 騎乗する池添謙一騎手は、過去にオルフェーヴルで菊花賞を制しているが、そのオルフェーヴルも本馬と同じ池江厩舎の管理馬。池添騎手にとって池江調教師とのコンビでは、それ以来の菊花賞挑戦となる。

 オルフェーヴルは菊花賞を含むクラシック三冠馬で、G1レースは生涯で6勝。日本競馬の悲願となっている凱旋門賞(G1)でも、2年連続の2着と時代を彩った名馬である。

 オルフェーヴルの全兄、ドリームジャーニーにも騎乗していた池添騎手。今年の菊花賞で騎乗するヴェルトライゼンデは、父がそのドリームジャーニーである。

 オルフェーヴルとドリームジャーニー、どちらも気性が悪かったが『ラブすぽ』(日本文芸社)によるトークショーでは、池添騎手が「オルフェーヴルよりドリームジャーニーの方がヤバい」と語っている。

 その気性から「暴君」などと称されるオルフェーヴルだが、こちらはオンとオフがしっかりしていたとの事。対してドリームジャーニーはずっとチャカチャカしており、こちらの方が気性は悪かったようだ。

 父ステイゴールドに似て気性難が目立ち、馬体重も420㎏前後と牡馬としては小さかったドリームジャーニー。また、ほとんど怪我もなく31戦走り抜いた丈夫な身体も父譲りだったといえるだろう。

 しかし、その気性の悪さからか、成績が安定しなかったドリームジャーニー。2歳で朝日杯FS(G1)を制しながらも、クラシックでは皐月賞(G1)8着、日本ダービー(G1)5着、菊花賞(G1)5着と掲示板に乗るのがやっとだった。

JRA池添謙一「オルフェーヴルよりヤバい」!? 菊花賞(G1)ヴェルトライゼンデ「狂気」父の血が秘める一発大逆転のポテンシャルのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!