NEW

JRA “コントレイルに一矢報いる”逸材に「大誤算」!? 菊花賞(G1)頼みの新パートナーは大ハズレの「迷采配」か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA コントレイルにも一矢報いる逸材に「大誤算」!? 菊花賞(G1)頼みの新パートナーは大ハズレの「迷采配」かの画像1

25日、京都競馬場で菊花賞(G1)が開催される。先週の秋華賞(G1)ではデアリングタクトが無敗の3冠牝馬に輝き、今週末はコントレイルが無敗の3冠を達成できるか注目が集まる。

 大本命のコントレイルは前哨戦の神戸新聞杯(G2)を快勝し、万全の臨戦過程で本番に挑むことになりそうだ。だが、3歳馬にとって3000mという距離は初体験となるため、長距離適性を持った馬の逆転もあるかもしれない。

JRA コントレイルにも一矢報いる逸材に「大誤算」!? 菊花賞(G1)頼みの新パートナーは大ハズレの「迷采配」かの画像2

 そこで注目したいのがブラックホール(牡3歳、美浦・相沢郁厩舎)だ。

 父に8年前の菊花賞馬ゴールドシップを持つブラックホール。昨夏の札幌2歳S(G3)以来、1年以上も勝利から遠ざかっているが、侮れない1頭だ。

 詳細については本サイトをご確認いただきたいのだが、石川裕紀人騎手は『netkeiba.com』のインタビューコラム『今週のFace』にて、ブラックホールの菊花賞について可能性を感じていると語っている。

 取材は札幌記念(G2)の前に行われたもので、石川騎手は「間違いなくクラシック三冠では1番合っている舞台だと思いますから。京都の3000mならば、あのコントレイルにも一矢報いることができるんじゃないかな」と自信を滲ませた。それだけブラックホールに長距離適性を感じているということだろう。

「だから菊花賞まではブラックホールの背中から下ろされないようにしたいです」

 このコメントからも、石川騎手のブラックホールへの想いが伝わってくるはずだ。

 しかし、4番人気に支持された札幌記念でブラックホールは9着に惨敗。石川騎手の願いはむなしく、菊花賞の鞍上は藤岡佑介騎手へ乗り替わりとなった。

「石川騎手としては無念の乗り替わりとなってしまいましたね。ただ、追い切りで跨った藤岡佑騎手へブラックホールの特徴をアドバイスして援護をしています。これをバネに更なる飛躍を願いたいところです」(競馬記者)

 藤岡佑騎手は菊花賞の勝ち鞍こそないものの、08年に15番人気フローテーション、17年に10番人気クリンチャーで2着と、人気薄で馬券に絡む活躍をしている。淀の長丁場では頼りになる鞍上と言えそうだ。

 だが、藤岡佑騎手への乗り替わりが、今年に限ってはマイナスになるかもしれない。

JRA “コントレイルに一矢報いる”逸材に「大誤算」!? 菊花賞(G1)頼みの新パートナーは大ハズレの「迷采配」かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!