NEW

JRA菊花賞(G1)抽選「4/6」へ懸ける思い。丸山元気「恩返しをしたい」……G1前日に起きた「悲劇」のアクシデント

【この記事のキーワード】

, ,

JRA菊花賞(G1)抽選「4/6」へ懸ける思い。丸山元気「恩返しをしたい」……G1前日に起きた「悲劇」のアクシデントの画像1

 25日、京都競馬場で3歳クラシック最終戦の菊花賞(G1)が行われる。

 舞台の京都競馬場は11月1日の開催を最後に2年5カ月の改修工事へ。これが現・京都競馬場では最後のG1レースとなる。

 今年の菊花賞は、フルゲート18頭のところに29頭が登録。収得賞金1500万円組での抽選(4/6頭)となる。

 その中の1頭、ココロノトウダイ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、群馬県内で会社経営をする星野壽市(じゅいち)オーナーの地元愛を受け、同郷の丸山元気騎手が手綱を握る。

 星野オーナーの所有馬で手塚厩舎といえば、やはり桜花賞(G1)を制したアユサンだろう。

 丸山騎手がこれまでのG1騎乗で、4番人気以内の馬に騎乗したのはアユサンのみ。丸山騎手にとっても、これまでの騎手人生で最もG1をとれると感じた馬なのではないだろうか。

 デビュー戦を蛯名正義騎手で快勝したアユサンは、2戦目から丸山騎手が手綱を握る事となる。重賞となった第1回のアルテミスSに出走したアユサンは、スタート後に挟まれて後方からの競馬となったが、そこから追い込んで2着と健闘。収得賞金を加算し、阪神JF(G1)へと駒を進めた。

 阪神JFでは4番人気に支持されたアユサンであったが、結果は7着。

 レース後、丸山騎手は「初めての右回りで終始外に逃げていました。今日はそれだけです。能力はこんなものじゃない」と本馬の能力を疑わなかった。

 桜花賞(G1)へ向けての前哨戦、チューリップ賞(G3・現G2)へと出走したアユサンは、ここで3着と健闘する。

「前回よりはマシでしたが、右回りだとまだ走りが上手ではないですね。本来なら、あそこから突き抜けるだけの力を持っている馬です」とコメントした丸山騎手は、本番での巻き返しを狙っていたに違いない。

 しかし、桜花賞の前日にアクシデントは起きた。

JRA菊花賞(G1)抽選「4/6」へ懸ける思い。丸山元気「恩返しをしたい」……G1前日に起きた「悲劇」のアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!