NEW

櫻坂46「ゴリ押し新体制」に早くも暗雲? 「櫻エイトが推されるだけ」「独裁体制から階級社会に?」と不安の声が

【この記事のキーワード】

,

櫻坂46「ゴリ押し新体制」に早くも暗雲? 「櫻エイトが推されるだけ」「独裁体制から階級社会に?」と不安の声がの画像1

 10月14日から新グループ名で再スタートしている櫻坂46の新番組『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)が18日にスタート。その中で、12月9日発売予定の1stシングル『Nobody’s fault』のフォーメーションの選抜発表が行われ、ファンの注目を集めている。

 櫻坂46初代センターとして選ばれた2期生・森田ひかるは、「自分ってダメだなと思っちゃうことが多くて……もっと胸を張ってみんなと前を向いて坂を駆け上がれるように頑張りたいなと思います」とやや弱気だったものの、その後に流れた13日のオンラインライブ「THE LAST LIVE」で同曲が初披露された際の森田の表情は「自信満々に見える!」「別人のような雰囲気だね」とファンの間で話題に。本番でスイッチが入るタイプなのか、圧倒的なパフォーマンスで自信を覗かせていた。

 一方、その森田を挟む形で最前列に選ばれたのは、1期生の人気メンバーである小林由依と渡邉理佐。その後ろには、菅井友香、藤吉夏鈴、小池美波、山崎天、田村保乃が配置され、これらの計8名を“櫻エイト”とし、カップリング曲を含めた全7曲に参加することや、3列目の6名を曲ごとに入れ替える14名体制が敷かれることも発表された。

「今回のフォーメーションについて運営側は公式サイト上で『欅坂46の頃からも大切にしていた、“全員で楽曲を届ける”という想いを込めた』などと発表しています。

確かにこの制度であれば、最後列が入れ替わることによって、現在所属する計26名全員がいずれかの楽曲に参加できるチャンスが生まれますし、“全員で”というテーマに合っているような気もしますが、音楽番組で披露されるのは表題曲が中心です。そのため、今後の活動において有利なのは、表題曲に選抜された櫻エイト、武元唯衣、大園玲、守屋茜、松田里奈、尾関梨香、土生瑞穂の計14名と見ていいでしょう」(アイドル誌ライター)

 欅坂46時代は、元エース・平手友梨奈が全シングルでセンターを務めていたが、世界観が違う”といった理由でCM撮影を中止したり、9thシングルのMV撮影をドタキャンしていたことが報じられるなど、一部で「独裁的なグループ」と揶揄される日々が続いていた。

 そのイメージを一新するための改名と思われたが、ファンの間では「櫻エイトがゴリ押しされるだけでは」「独裁体制から階級社会になっただけ」といった不安の声が相次いでいる。

 早くも暗雲が漂う欅坂46。果たして新体制への移行は今後功を奏するのだろうか……。

櫻坂46「ゴリ押し新体制」に早くも暗雲? 「櫻エイトが推されるだけ」「独裁体制から階級社会に?」と不安の声がのページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!