NEW

JRA菊花賞・トレセンから淀の長丁場だからこその激穴馬と裏ナマ情報! 福永&コントレイル3冠達成に不穏な空気!?

【この記事のキーワード】

, ,

今週はコントレイルの三冠がかかった菊花賞

 先週行われた秋華賞は、デアリングタクトと松山騎手が圧巻の強さを見せつけ、無敗の牝馬三冠を達成。多くの感動に包まれた。当然のことながら、今週行われる菊花賞のコントレイルにも、無敗の三冠達成の期待が高まっている。注目度はさらに上がり、鞍上の福永祐一騎手や管理する矢作厩舎など、陣営のプレッシャーも最高潮といえるだろう。それにしても秋華賞は馬券売り上げも凄かった。164億円は昨年の117億円よりも大幅にアップ。いまだ競馬ファンの来場制限がある中で、これほどの記録を達成したのだからこれぞ競馬の底力だ。

 しかし意外だったのは、スプリンターズステークスに続き、またも人気薄の激走で波乱となったこと。2着は10番人気マジックキャッスル、3着も9番人気ソフトフルートで、3連単は400倍を超える万馬券となった。前哨戦のローズステークスを快勝したリアアメリアや、オークス上位の実績馬が敗退し、人気薄が激走してのダブル万馬券決着。スプリンターズステークスでは10番人気アウィルアウェイの激走で万馬券となったが、ほとんどのスポーツ紙や競馬専門紙でノーマークだった馬の激走はなぜ起こるのか? そして菊花賞にも同様の穴馬はいるのか? これらのテーマは競馬ファンにとっても特に重要だろう。

 そこで競馬界の表も裏も知り尽くし、先週の秋華賞でも馬連2670円、3連複1万7920円、3連単4万4110円のダブル万馬券を的中させた、本物の競馬関係者集団「ホースメン会議」に話を聞いてみた。すると、予想を超える裏事情がそこに隠されていたのである。

「この秋華賞はデアリングタクトとリアアメリアが抜けた人気になっていて、3番人気以下は単勝15倍以上と異常なレースでした。その背景には、JRAの新型コロナウイルス感染防止対策でマスコミは取材規制があったことが大きいでしょう。実際に人気薄の馬まで取材が徹底できず、結果としてこれらの馬の本当の状況が把握できていなかったのです。

 我々は直接競馬関係者と繋がりがありますから、そういった取材規制の影響はありません。本当の状態も、陣営の狙いも、すべてレース前に把握していました。そこで浮上した2着マジックキャッスルはデアリングタクトの相手3番手評価でしたし、3着ソフトフルートも激走できる状況にあったことはわかっていました。

 さらにそれぞれの陣営も、他の馬にマークされることを避けるため、本当の情報を積極的にマスコミには語っていませんでしたからね。そういった状況が重なり、今回の波乱に繋がったと言えるでしょう」

 このようにホースメン会議はマスコミとはまったく別の組織であり、元JRA騎手や元JRA調教師が多数所属しているように、現役の競馬関係者と密接なパイプがある。ゆえに彼らだけが知る、本物の情報があるのは当然だろう。

先週の秋華賞も3種馬券パーフェクト的中

 実際にホースメン会議は先週の秋華賞で馬連2670円、3連複1万7920円、3連単4万4110円の万馬券を仕留めているが、その衝撃はホースメン会議に届いたファンからの膨大な反響でも明らかだ。

 しかし話はこれだけでは終わらない。なんと今週行われる菊花賞でも穴馬が存在することを教えてくれたのである。

「コントレイルが注目を集める今年の菊花賞。手元には、2018年の菊花賞で、7番人気ながら勝利したフィエールマンを本命に指名し、3連単10万590円を的中させた時と同じような情報が入っています。

 当時はノーザンファームとルメール絡みの勝負情報でしたが、今年もマスコミでは想像できないような穴馬が、なんと3頭もスタンバイしているのです。現時点での評価は、この馬の存在によって、コントレイルの三冠達成に不穏な空気が流れるほど。この穴馬が勝利すれば驚くような配当になるでしょうし、逆にコントレイルが勝利したとしても、かなりの好配当が見込めるとのことです。

 圧倒的人気馬デアリングタクトが勝利した秋華賞でさえも4万馬券が飛び出しました。この菊花賞は、秋華賞を超える配当も期待できますよ」

 秋華賞はマスコミの盲点だった穴馬が激走し、4万馬券が飛び出した。ホースメン会議はその穴馬を事前に把握していたので、その4万馬券も難なく的中させている。この事実が示すことは、今週の菊花賞を的中させたければ、ホースメン会議の情報を参考にするのがベストだということだ。するとホースメン会議から素晴らしい提案が届いた。なんと

「菊花賞の穴馬3頭と買い目を無料で公開」

 というのである。これは競馬関係者の立場でもあるホースメン会議が、競馬人気をさらにアップさせたいということと、頼りないマスコミに代わって本物の情報をファンに届けたいという思いがあるようだ。

2018年の菊花賞では衝撃の10万馬券を的中させた

 そもそもホースメン会議は、競馬の神様と呼ばれた大川慶次郎氏が「馬券を的中させる喜びをファンに届けたい」という思いで設立し、今年創業39年という老舗だ。この企画は大川氏の遺志を継いだホースメン会議のメンバーならではの計らいだろう。

 菊花賞は福永祐一騎手が騎乗するコントレイルを筆頭に、池添謙一騎手のヴェルトライゼンデ、内田博幸騎手のバビット、戸崎圭太騎手のサトノフラッグ、川田将雅騎手のガロアクリーク、和田竜二騎手のディープボンド、藤岡佑介騎手のブラックホール、さらに抽選対象だが、ルメール騎手のアリストテレス、武豊騎手のアンティシペイト、北村友一騎手のダノングロワールなど三冠最終戦に相応しい好メンバーが揃った。しかしスプリンターズステークスや秋華賞からもわかるように、この秋のG1レースは人気薄の激走がキーワードそしてその馬を事前に把握できるかどうかが、馬券を的中させるうえで最も重要な要素となる。

 来年で創業40年を迎えるホースメン会議は、業界屈指の情報力と分析力を備える完全無欠の競馬情報集団だ。幸いなことに、今週の菊花賞は彼らが独占入手した「穴馬3頭」と、完全な分析によって導き出された「買い目」を無料で公開してくれる。この情報を知らずに、菊花賞の馬券を購入するなんて愚を犯さぬよう、今すぐホースメン会議の公式サイトでその情報をゲットしよう。そして来週の天皇賞(秋)やジャパンカップ、有馬記念に向けて、しっかりとホースメン会議の実力を把握しておこう。

CLICK→【無料公開!菊花賞・穴馬3頭と買い目】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

JRA菊花賞・トレセンから淀の長丁場だからこその激穴馬と裏ナマ情報! 福永&コントレイル3冠達成に不穏な空気!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!