NEW

JRAアーモンドアイ「海外逃亡」!? コントレイル、デアリングタクト頂上決戦「回避」か……最強女王が抱える「最大の不安」とは

【この記事のキーワード】, ,
JRAアーモンドアイ「海外逃亡」!? コントレイル、デアリングタクト頂上決戦「回避」か……最強女王が抱える「最大の不安」とはの画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 最強馬対決の行方に暗雲が……。

 先週末に行われた秋華賞(G1)はデアリングタクトが優勝。史上初となる無敗の牝馬3冠をという偉業を達成した。

 21日、デアリングタクトは宇治田原優駿ステーブルに放牧に出され、現在は次なる戦いに向けて英気を養っている。気になる次走は陣営とオーナーサイドの協議次第で、週明けには決まりそうとのことだ。エリザベス女王杯(G1)、ジャパンC(G1)あたりが選択肢となるだろう。

 そして、今週末の菊花賞(G1)ではコントレイルが無敗の3冠に挑戦する。1年で2頭の無敗3冠馬が誕生するかに注目が集まる。

 コントレイルの生産者であるノースヒルズ・前田幸治代表は『デイリースポーツ』の取材に対して、「無事ならば、この後はジャパンCが選択肢にあります。コロナ禍でもありますし、海外は現時点では考えていません」と話している。

 まだコントレイルが3冠を達成したわけではないが、デアリングタクトとの直接対決がジャパンCで実現することがファンの願いではないだろうか。

JRAアーモンドアイ「海外逃亡」!? コントレイル、デアリングタクト頂上決戦「回避」か……最強女王が抱える「最大の不安」とはの画像2

 さらに欲を言うのであれば、3歳牡馬牝馬により頂上決戦にアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が参戦して、国内統一の最強馬対決となれば言うことなしだ。

 しかし、そんな夢の対決は叶わない可能性が出てきた。

 21日、アーモンドアイが香港のシャティン競馬場で行われる香港C(G1)と香港マイル(G1)に予備登録したことが明らかになった。所属するシルクホースクラブがホームページで発表している。

 11月1日に行われる天皇賞・秋(G1)で史上初となる芝G1・8勝目を狙うアーモンドアイ。これまで秋のローテーションは同レースしか発表されていなかったが、秋2走目として「海外」という選択肢が新たに浮上した。

 もし、12月13日に行われる香港国際競走に参戦するとなれば、検疫のことを考えると11月29日に行われるジャパンCに参戦する可能性は限りなくゼロに近いだろう。まだ、正式なローテーションが決定したわけではないが、最強馬対決の実現が遠のいたという見方もできるかもしれない。

JRAアーモンドアイ「海外逃亡」!? コントレイル、デアリングタクト頂上決戦「回避」か……最強女王が抱える「最大の不安」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は