NEW

JRA菊花賞「三冠」武豊、岡部幸雄にあって、夢破れたM.デムーロ、石橋守になかったもの。コントレイル福永祐一「余裕」の裏に、二冠馬と三冠馬を隔てたものの正体

【この記事のキーワード】

,

JRA「三冠」武豊、岡部幸雄にあって、夢破れたM.デムーロ、石橋守になかったもの。コントレイル福永祐一「余裕」の裏に、二冠馬と三冠馬を隔てたものの正体の画像1

 コントレイルによる史上3頭目の無敗三冠が懸かる菊花賞(G1)を25日に控えた今週、最も注目を集めているホースマンは、間違いなく主戦・福永祐一騎手だろう。

「さっきまではいつもと変わらない感じでしたが、今、記者の皆さんに囲まれて高揚感が出てきました」

 21日、菊花賞の共同会見に挑んだ福永騎手。シンボリルドルフ、ディープインパクトといった競走馬の「頂点」に並ぶ大偉業の達成は、この名手の手綱に託されているが「それでもプレッシャーはまだ感じていません」と、まさに泰然自若といった様子。

 歴史的な瞬間を前にここまで平常心でいられるのも、今年デビュー25年目を迎える福永騎手の「経験」の賜物だろう。発言の節々からは不安や緊張よりも、むしろ自信に満ち溢れている様子が窺える。

 ちなみに1984年のグレード制導入以降、三冠を達成したのは前述のシンボリルドルフ、ディープインパクトに加え、ナリタブライアン、オルフェーヴルの4頭。逆に春二冠を達成し、菊花賞に出走しながらも涙を飲んだ馬もミホノブルボン(2着)、ネオユニヴァース(3着)、メイショウサムソン(4着)と3頭いる。

 まさに三冠達成か否かを分かつ境界といえるが、実はそれらの鞍上のキャリアに「明確な差」があったことは、あまり知られていない。

 下記は、グレード制導入以降の三冠馬と、主戦騎手が「その馬で皐月賞を勝つまで」のG1勝ち数である(JRA開催のみ)。

1984年 シンボリルドルフ 岡部幸雄 8勝※G1級競走(NHK杯、高松宮杯除く)。
1994年 ナリタブライアン 南井克己 8勝(ナリタブライアン朝日杯3歳S除く)
2005年 ディープインパクト 武豊 46勝
2011年 オルフェーヴル 池添謙一 11勝

 上記の通り、過去に三冠を達成した岡部幸雄、南井克己、武豊、池添謙一は大偉業を達成する以前に、すでにJRAで数々のG1を勝利。プレッシャーのかかる大舞台で何度も勝利した経験があった。

 一方、実は菊花賞で敗れたミホノブルボン(小島貞博)、ネオユニヴァース(M.デムーロ)、メイショウサムソン(石橋守)の3者では……。

JRA菊花賞「三冠」武豊、岡部幸雄にあって、夢破れたM.デムーロ、石橋守になかったもの。コントレイル福永祐一「余裕」の裏に、二冠馬と三冠馬を隔てたものの正体のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!