NEW

パチンコ「8万発」の大記録も!? 高ループと「破格の最大ラウンド比率」が織りなす強力性能は高評価…「問題」は?

パチンコ「8万発」の大記録も!? 高ループと「破格の最大ラウンド比率」が織りなす強力性能は高評価…「問題」は?の画像1

 ホットな新台をユーザーの感想を交えつつ掘り下げていくこのコーナー、【激アツ新台実戦JUDGEMENT】。今回のピックアップマシンは、遊タイムを装備した紅のエヴァは高速変動とレイ&アスカに特化した演出で新境地のSTを搭載した『P新世紀エヴァンゲリオン 決戦~真紅~』(以下エヴァ決戦)だ。

 主に演出方面を大絶賛された『新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~』だが、前作の小当りRUSH搭載次回ループ確変システムを100回転のロングV-STにスペックチェンジしての登場となった『エヴァ決戦』。

 出玉性能としては『新生』のほうが若干上のようだが、突確からしか突入しない小当りRUSHの特殊性を考えると、「100回転で約1/62.2を当てろ。75%が1500個出玉だ」というこの『エヴァ決戦』のほうが単純明快で受け入れやすいかもしれない。

 約80%の継続率も刺さった時の連チャン性はすさまじく、2ケタ連チャン目撃も当り前のように報告されている。38連で45000発超えの表示など連チャン自慢も見受けられたが、最高で69連、8万発出玉の台もあったと噂が立っている。

 また、最大ラウンド比率の優位性を活かし、連チャンのすべてで10ラウンドを引き当てることに成功し、一撃約2万発の戦果をモノにした強者も存在したようである。

 一方で3ラウンド単発で終わった時の地獄感を憂う声も当然あるが、おおむねスペック的には満足しているといった意見が多勢を占めている印象となっている。

 しかし、演出面に不満をいだいている勢力が非常に多く、神の領域に入ったと称賛される通常時の演出と比較して、そのギャップの大きさも相まって「つまらない」の大合唱がネット界隈で響いているようである。

 もちろん、高速消化で「無駄な演出がほぼないしバッチリ」「右打ち中にこれ絶対当たんねえだろみたいな展開やリーチがないのが良かった」と評価する声もちゃんとある。

 ところで、そのST中に関して気になる噂をキャッチした。

 本機は電チュー抽選時だと100%確変に突入するようになっているが、右打ちモード突入直後など、残りのヘソ保留で大当りすると通常に戻ってしまう可能性がある、いわゆる「ヘソ落ち」に対して、ST中に通常大当りを引いた場合は500回転の時短が付与される救済機能が搭載されているようなのである。

 500回転で通常確率を引き当てる割合は約79.2%。STの継続率が約80.5%なので、確率的にみれば損することはほとんどない。しかも、この時短で当たらなかったとしても遊タイムのシッポが見えてくる。通常時の500回転を出玉を減らさずに消化できたと考えれば、なかなか良い機能ではないだろうか。

 全体としては評価の高い『エヴァ決戦』。一時期はくすぶっていたように感じられた名物シリーズ機が復調の兆しとあって、今後がますます楽しみである。

(文=大森町男)

〇〇〇

【注目記事】

「人生の勝ち組」がパチンコ「遠隔」を指摘!? 愛する『北斗無双』が招いた悲劇…

パチンコ新台「時速3万発は軽い!?」報告など好スタート!「約90%継続×約1000発」「スピード革命」など新情報も話題に!!

パチスロ「4号機Aタイプ完全再現」の「1G連」マシン撤去…6号機『ひぐらし』発売が控える中「引退」

パチスロ「吉宗3」を脅かす!? 50%で「大量出玉」の隠れた「名機」

パチスロ「4号機から継承」の一撃…「高性能」でファンを魅了した「大物」シリーズも始動!?

 

パチンコ「8万発」の大記録も!? 高ループと「破格の最大ラウンド比率」が織りなす強力性能は高評価…「問題」は?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!