NEW

JRA菊花賞(G1)サトノインプレッサ「自信を持ってる」坂井瑠星“大失態”の挽回なるか!「サンデーサイレンス最後の大物」以来14年ぶりの挑戦

【この記事のキーワード】

, ,

JRA菊花賞(G1)サトノインプレッサ「自信を持ってる」坂井瑠星大失態の挽回なるか!「サンデーサイレンス最後の大物」以来14年ぶりの挑戦の画像1

「2頭出しは人気薄を狙え」

 同厩舎から2頭レースに出走する場合は、人気薄の馬を狙うのが良いという競馬の格言である。

 昨年の日本ダービー(G1)は角居厩舎から1番人気サートゥルナーリア、12番人気ロジャーバローズが出走し、結果は人気薄ロジャーバローズの勝利に終わった。また、今年の京都金杯(G3)でも池添学厩舎の1番人気カテドラルが17着に沈んだ一方、同厩舎のボンセルヴィーソが14番人気ながら3着に好走。実用的な格言と呼べるだろう。

 25日に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)はコントレイルが圧倒的1番人気に支持されることが予想される。そのため、同厩であるサトノインプレッサ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)も注目しておいたほうが良さそうだ。

 前走の毎日王冠(G2)は出遅れが響き、10着に惨敗したサトノインプレッサ。レースでの消耗がないことを理由に中1週で菊花賞に出走することになった。

 菊花賞で上位人気が予想されるヴェルトライゼンデとは、日本ダービー(G1)でタイム差なしの4着に入った実力馬であるにもかかわらず、『netkeiba.com』の予想オッズでは単勝100倍台の12番人気想定という低評価。これには中1週のローテーション、距離不安がマイナス要素と見られていると考えられる。

 実際に、毎日王冠から菊花賞に挑む馬は「サンデーサイレンス最後の大物」として期待されたマルカシェンク以来14年ぶりとなる。同馬が7着に敗れていることも、好材料とは呼び難いだろう。

 また、矢作調教師が「適性距離ではない」と話していることからも、サトノインプレッサにとって菊花賞は最適な舞台でなさそうだ。

 だが、菊花賞出走の決め手となったのにはある理由があった。

JRA菊花賞(G1)サトノインプレッサ「自信を持ってる」坂井瑠星“大失態”の挽回なるか!「サンデーサイレンス最後の大物」以来14年ぶりの挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!