NEW

JRA国枝栄調教師「抽選除外」に疑問で批判殺到!? 「横一線の抽選が正解なのか」菊花賞(G1)武豊予定アンティシペイトも無念

【この記事のキーワード】, ,

JRA国枝栄調教師「抽選除外」に疑問で批判殺到!? 「横一線の抽選が正解なのか」菊花賞(G1)武豊予定アンティシペイトも無念の画像1

 先週、京都競馬場で行われた秋華賞(G1)は、デアリングタクトによって無敗の牝馬3冠が達成された。

 しかし、その裏で密かな注目を集めたのがレイパパレ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 レイパパレは全兄にホープフルS(G2・現G1)を制したシャイニングレイがいる血統馬。父ディープインパクトに、母はチューリップ賞(G3・現G2)とローズS(G2)で2着したシェルズレイである。

 デビュー戦から一貫して川田将雅騎手が騎乗。秋華賞の抽選対象馬ではあったが、3戦3勝の無敗馬という事もありメディアなどでは注目の1頭として扱われていた。

 秋華賞では川田騎手のリアアメリア騎乗が決まっており、抽選に通ればリーディングトップのC.ルメール騎手が騎乗予定。デアリングタクトとの「無敗馬」対決を楽しみにしていたファンも少なくはなかっただろう。

 しかし、レイパパレは秋華賞「4/6」の抽選に漏れ、大原S(3勝クラス)に出走した。

 レースではスタートこそ合わなかったものの、スピードの違いでハナへ。手応え抜群のまま直線に向くと、ほぼ馬なりで古馬を一蹴。デビューから無敗の4連勝を達成した。

 これには一部の競馬ファンからもSNSや掲示板を通じて、「幻の秋華賞馬」、「秋華賞に出てても楽勝だったかも」などの声が挙がっており、その強さに秋華賞での「非当選」が悔やまれた。

 また本件を受け、現行の抽選システムに疑問を呈したのが国枝栄調教師だ。

『東スポWeb』によると、国枝調教師は「同賞金なら横一線の抽選が正解なのか」と話しており「頂点を決めるG1くらいはレーティングによる選出があっていいのでは」と、今の抽選制度に疑問を投げかけている。

【注目記事】

JRA菊花賞(G1)西山茂行オーナーが語った「異端の逃亡者」誕生秘話。グレード制導入以降「唯一」逃げ切ったセイウンスカイの伝説【特別インタビュー】

JRA菊花賞(G1)コントレイル逆転の穴馬候補!? 全出走馬の血統・実績から浮上した3000mがプラスになる馬は?

JRA衝撃の大暴走“オルフェーヴル2世”「勝ち負けは二の次」!? 必死の“再構成”で「まるで千直」の悪夢を払拭できるか

JRA国枝栄調教師「抽選除外」に疑問で批判殺到!? 「横一線の抽選が正解なのか」菊花賞(G1)武豊予定アンティシペイトも無念のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由