NEW

JRA菊花賞(G1)コントレイル撃破はあの馬に託された!? 東西トレセン関係者「秘蔵ネタ」で「激走気配」漂う伏兵発覚?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA菊花賞(G1)コントレイル撃破はあの馬に託された!? 東西トレセン関係者「秘蔵ネタ」で「激走気配」漂う伏兵発覚?の画像1

 25日、京都競馬場で開催される菊花賞(G1)。コントレイルに史上3頭目の無敗の3冠馬が懸かっていることもあり、例年以上に注目を集めている。

 だがここを目標としていたのはコントレイルだけではない。他の陣営も最後の1冠を奪取すべく、当然、研鑽を重ねてきた。今回は東西のトレセン関係者たちから編集部に寄せられた(秘)ネタの一部をご紹介。馬券検討の一助になれば幸いだ。

 主導権を握ると見られている逃げ馬バビット(牡3、栗東・浜田多実雄厩舎)。

 7月のラジオNIKKEI賞(G3)で2着を5馬身差離して逃げ切り勝ち。続くセントライト記念(G2)でも逃げると、マイペースでラップを刻み、そのままゴール。破竹の勢いで重賞を連勝している。

「自分のスタイルに持ち込むことができれば、本当にしぶといですね。ただ、気性的に難しいところがあるようで、スタッフは『多頭数の競馬や主張する馬がいると怖い。今回はキメラヴェリテ陣営が逃げを匂わせているから』と不安そうな表情を浮かべていました。

また本質的には中距離馬だと考えられていて、この距離をこなせるかも不安材料。『段々と前進気勢が強くなってきた。前走も最後はほかのメンバーの脚が上がっていただけで、決してスタミナ十分という内容ではなかったから』と戦績からは考えられないほど弱気でしたね」(栗東関係者A)

 穴党から熱視線を集めているバビットだが、厳しい競馬を強いられることになるのかもしれない。

 上がり馬アリストテレス(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)はジャイアントキリングを狙う。

 春は若駒S(L)2着、すみれS(L)2着が精一杯で、クラシック出走は叶わなかった。だが、夏の条件戦で古馬を相手に2連勝と評価をあげてきている。

「今回はC.ルメール騎手が騎乗。陣営は先に夏に2連勝したM.デムーロ騎手に依頼したものの、すでに埋まっていたそうです。そこでダメ元でお手馬がいないルメール騎手に当たってみたところ、OKが出たとのこと。

スタッフは『騎手の腕が物を言う長距離戦でルメール騎手が乗ってくれるのは心強い。特にこの馬は物見をしたり、乗り手の指示に反抗したりとわがままなところがあるしね。騎乗経験があるのもいいね』と語っていました。運が回ってきた感がありますね」(栗東関係者B)

 ポテンシャルは上位の1頭。ひと夏の成長ですでに実力は同世代のライバルを追い越した!?

JRA菊花賞(G1)コントレイル撃破はあの馬に託された!? 東西トレセン関係者「秘蔵ネタ」で「激走気配」漂う伏兵発覚?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!