NEW

JRA「泣きそう」リフレイム関係者も”やんちゃ姫”の一変に感無量……「5馬身差」圧勝もデキは6分の衝撃! エイシンヒカリ2世はもはや黒歴史か

【この記事のキーワード】

,

JRA「泣きそう」リフレイム関係者もやんちゃ姫の一変に感無量……「5馬身差」圧勝もデキは6分の衝撃! エイシンヒカリ2世はもはや黒歴史かの画像1

 25日、東京競馬場で行われた5R2歳1勝クラス(芝1400m)は、木幡巧也騎手の1番人気リフレイム(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)が優勝。7月新潟のデビュー勝ち以来、3ヶ月ぶりとなった復帰戦を鮮やかな勝利で飾った。

「泣きそう」

 この勝利にTwitterで呟いたのが山口ステーブルだ。リフレイムの育成、調教を見守り続けて来た関係者の想いが集約された言葉だった。

 7月25日、新潟5R(芝1600m)をただ1頭、直線で外ラチ沿いを駆け抜ける衝撃的なデビューを飾ったリフレイム。エイシンヒカリ2世の声が出たほどのやんちゃな走りには、国内のみならず、SNSをはじめ海外でも大きな話題を呼んだ。

「本当に申し訳ない……」

 その一方、同馬を管理する黒岩陽一調教師からは沈痛な言葉が漏れた。最後の直線を先頭で迎えたリフレイムは、鞍上の木幡巧也騎手が必死に立て直そうとするも、結局外ラチ一杯まで逸走したままゴールした。

 この“大暴走劇”に、木幡巧騎手は「何とか我慢してくれると思っていましたが……凄い行き方で……」と肩を落とし。黒岩調教師も「大きな課題なので、時間をかけて直したい。本当に申し訳ない」と、勝った馬とは思えないような暗いムードが漂った。

 結局、この件についてJRAから平地調教再審査とする処分が下され、山口裕介オーナーのもとで調整されることになってしまった。

 関係者が「とても競馬とはいえない」と評したデビュー戦から2ヶ月半。山口ステーブルで懸命に立て直され、美浦に戻ってからは厩舎でも育成場の要望を汲んで調整に取り入たことも奏功したのだろう。美浦トレセンで行われた14日の調教再審査を見事に合格。

 この朗報に「これで漸くスタート地点。悩んできたから感慨深い」と関係者はほっと胸を撫でおろした。

「天に祈る気持ち。勝ち負けは二の次でこれがデビュー戦のつもり」

 関係者の不安をよそにリフレイムは、デビュー戦以上の衝撃的な走りで応えた。

JRA「泣きそう」リフレイム関係者も”やんちゃ姫”の一変に感無量……「5馬身差」圧勝もデキは6分の衝撃! エイシンヒカリ2世はもはや黒歴史かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!