NEW

JRA角居調教師「死刑判決を待っているような心境」武豊の祈りがもたらした「強運」再び……最後の天皇賞で“奇跡”を起こす!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA角居調教師「死刑判決を待っているような心境」武豊の祈りがもたらした「強運」再び……最後の天皇賞で奇跡を起こす!?の画像1

 11月1日、東京競馬場にて天皇賞・秋(G1)が行われる。

 先々週の秋華賞(G1)、先週の菊花賞(G1)と無敗の3冠馬が誕生し、大いに盛り上がった京都競馬場。今週は史上最多となる芝G1・8勝を懸けたアーモンドアイの挑戦に東京競馬場が盛り上がりそうだ。

 そんな「現役最強」とも謳われるアーモンドアイに対し、“奇跡”を起こそうという馬がいる。

JRA角居調教師「死刑判決を待っているような心境」武豊の祈りがもたらした「強運」再び……最後の天皇賞で奇跡を起こす!?の画像2

 名手・武豊騎手を背に勝利を狙うキセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 前走は浜中俊騎手が騎乗したキセキであったが、その前の2戦は武豊騎手が騎乗。凱旋門賞(G1)騎乗のため渡仏していたが、帰国後は2週間の隔離期間が必要であったため代打騎乗を任されたのが浜中騎手だった。

 その前走、京都大賞典(G2)では2着。キセキは菊花賞(G1)での栄光から早3年、G1レースでの2着は4回もあるが勝利には届かないでいる。

 天皇賞・秋では武豊騎手の手綱に戻るわけだが、角居調教師とのコンビで思い出されるのは12年前の「歴史的名勝負」だろう。

 武豊、角居調教師のコンビで挑んだのはウオッカ。牝馬でありながら前年の日本ダービー(G1)を制し、この年の安田記念(G1)も勝利。このレースでも1番人気に推され、大きな支持を集めていた。2番人気はウオッカと同世代のライバル・ダイワスカーレット。3番人気は、その年のダービー馬ディープスカイであった。

 単勝オッズは、ウオッカ2.7倍、ダイワスカーレット3.6倍、ディープスカイ4.1倍で、4番人気がドリームジャーニーの14.6倍と完全な3強ムード。レースでは、まさに「歴史的名勝負」と呼ぶに相応しいデッドヒートが繰り広げられた。

 逃げたダイワスカーレットが先頭で、最後の直線へ。それを目標に外から差してきたのがディープスカイ。さらに外から併せるようにウオッカが上がってきた。残り200mの勢いでは完全に外2頭かと思われたが、内から盛り返すダイワスカーレット。最後はディープスカイの脚色が鈍り、ウオッカとダイワスカーレットが鼻面を合わせてゴールした。

JRA角居調教師「死刑判決を待っているような心境」武豊の祈りがもたらした「強運」再び……最後の天皇賞で“奇跡”を起こす!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!