NEW

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? “贅沢”から“どん底”へ「転落」の悲劇再びか

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? 贅沢からどん底へ「転落」の悲劇再びかの画像1

 またしても同じことが起こるのだろうか……。

 25日、京都競馬場で行われた菊花賞(G1)はコントレイルが優勝。史上3頭目となる無敗の3冠馬に輝いた。

 単勝オッズ1.1倍という圧倒的な支持に応えたコントレイル。だが、レースはわずか「クビ差」の勝利だった。観戦していたファンもヒヤヒヤしたのではないだろうか。

 クラシック最終戦でコントレイルをあと一歩まで追い詰めたのは、4/6の抽選を突破したアリストテレス(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 終始コントレイルをマークする形でレースを進めたアリストテレス。最後の直線では2頭が併せてデットヒートを繰り広げたが、わずかにコントレイルが凌ぎ切った。

 レース後、福永祐一騎手が「2着馬が斜め後ろにいて、プレッシャーをかけてきていたので、馬がエキサイトしていたのですが、なんとか我慢してくれたと思います」と話していたことからも、アリストテレスのマークは効果的だったことがわかる。

 これはコントレイルに楽な競馬をさせなかったC.ルメール騎手の好騎乗と言えるだろう。音無調教師も「さすがルメールさんだね」とその手腕を高く評価した。

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? 贅沢からどん底へ「転落」の悲劇再びかの画像2

 菊花賞で名コンビ「ルメール×アリストテレス」誕生となったが、M.デムーロ騎手の選択次第では違う結果になっていたかもしれない。

「アリストテレスの近2走で手綱を取ったのはデムーロ騎手です。コンビ2戦2勝の好相性でしたが、抽選対象馬ということでデムーロ騎手は確実に出走できるマンオブスピリットの騎乗を選んだようです。その結果、2度の騎乗経験があるルメール騎手に白羽の矢が立ちました。

今年の3歳馬でルメール騎手は有力馬不在のため、このままコンビ継続となる可能性が高そうです。抽選対象馬ということで仕方ない面もありますが、11着に敗れたデムーロ騎手は騎乗馬の選択ミスということになってしまいましたね」(競馬記者)

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? “贅沢”から“どん底”へ「転落」の悲劇再びかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!