NEW

JRA「問われる価値」無敗3冠と8冠の年度代表馬争いは超難解!? コントレイル、デアリングタクト、アーモンドアイ……カギを握るのはやはりあのレースか

【この記事のキーワード】,

JRA「問われる価値」無敗3冠と8冠の年度代表馬争いは超難解!? コントレイル、デアリングタクト、アーモンドアイ……カギを握るのはやはりあのレースかの画像1

 今年の年度代表馬争いは、史上稀に見る大混戦となるかもしれない。

 25日に京都競馬場で行われた菊花賞(G1)を制し、コントレイルは無敗のクラシック3冠を達成した。その1週前の18日には秋華賞(G1)を制したデアリングタクトが史上初となる無敗の牝馬3冠を達成しており、同年度に牡牝で無敗の3冠馬が誕生するという異例の年となったのが今年だ。

 さらに、11月1日に東京競馬場で行われる秋の天皇賞(G1)は、既に7冠を手に入れている女王アーモンドアイが芝G1・8冠を狙って出走を予定している。勿論、無事勝利を収めることが出来れば、史上初の大偉業となる。

 そんな異例づくしとなるかもしれない年だけに、早くも年度代表馬の行方に大きな注目が集まっている。過去、クラシック3冠を制した3歳牡馬は7頭誕生したが、制度開始前のセントライト以外の6頭すべてが年度代表馬に輝いている。

■年度代表馬(1941年セントライトは制度開始前のため、対象外)
1964年シンザン
1983年ミスターシービー
1984年シンボリルドルフ
1994年ナリタブライアン
2005年ディープインパクト
2011年オルフェーヴル

 ※JRA賞の前身である啓衆賞、優駿賞時代を含む

 過去の事例からも、8頭目の3冠馬となったコントレイルが最有力と考えるのが自然だ。

 だが、例年ならほぼ「当確」となるはずのクラシック3冠馬に対し、今年は史上初となる牝馬の無敗3冠馬デアリングタクト、秋の天皇賞(G1)を勝てば、史上初となる芝G1・8冠の可能性があるアーモンドアイがいる。そのため、確定には「審議」のランプが点灯している状況である。

JRA「問われる価値」無敗3冠と8冠の年度代表馬争いは超難解!? コントレイル、デアリングタクト、アーモンドアイ……カギを握るのはやはりあのレースかの画像2

「もし、アーモンドアイが8冠を達成するようなことがあれば、コントレイルもうかうかできません。無敗の3冠馬とはいえ、シンボリルドルフやディープインパクトに続く3頭目でもあり、史上初ではありません。これに対し、8冠は紛れもない史上初の偉業でもあり、2頭の優劣をつけるのは困難を極めるでしょう。

また、デアリングタクトにしてもジャパンC(G1)を勝つことがあれば、逆転勝利の可能性が高くなります。牝馬の3冠馬が年度代表馬に選出された事例として、3冠とジャパンCを制した2012年のジェンティルドンナと2018年のアーモンドアイがあります」(競馬記者)

 コントレイルが当初の予定通り、ジャパンCに参戦して優勝すれば、当確といえるかもしれない。

 だが、陣営が危惧するように、菊花賞の疲れが抜け切らないままであれば、予定を変更して有馬記念(G1)への出走や、最悪の場合は年内休養の可能性も考えられる。

 もし、出走したとしてもデアリングタクトとの直接対決が実現し、それに敗れれば、さらに混戦に拍車が掛かるだろう。

 3冠馬が年度代表馬に選出されないとなると、これはこれで史上初の記録となるだけに、コントレイル陣営としては直接対決で敗れるリスクを犯すより、有馬記念に出走する選択肢も浮上してきそうだ。

JRA「問われる価値」無敗3冠と8冠の年度代表馬争いは超難解!? コントレイル、デアリングタクト、アーモンドアイ……カギを握るのはやはりあのレースかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  4. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?
  5. JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回
  6. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  7. JRA川田将雅「鬼タックル」で武豊撃破!? G1級のお株奪われたトゥデイイズザデイ、3連単は「史上最低」270円
  8. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  9. JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」
  10. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む