NEW

JRA武豊ジャパンC(G1)「騎乗馬問題」決着!? キーファーズ「ジャパン回避」でオブライエン厩舎「ラブ注入」もお預けか?

【この記事のキーワード】

,

JRA武豊ジャパンC(G1)「騎乗馬問題」決着!?  キーファーズ「ジャパン回避」でオブライエン厩舎「ラブ注入」もお預けか?の画像1

 土曜日3勝、日曜日2勝と、先週末だけで5勝を挙げた武豊騎手。

 1番人気への騎乗が2回という中で、5勝という数字は好騎乗あってのものと判断していいのではないだろうか。

 今年51歳となった武豊騎手だが、その手綱捌きは衰え知らず。ファンや調教師からの信頼も厚いが、馬主からも大人気だ。

 そんな武豊騎手の騎乗馬に注目が集まっているのがジャパンC(G1)。武豊騎手が凱旋門賞(G1)で騎乗予定だったジャパン(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)も予備登録を済ませていたが、同馬を共同所有しているキーファーズが公式サイト内でジャパンCへの遠征見送りを明らかにした。

 これによりジャパン擁するオブライエン厩舎で、ジャパンC出走の可能性を残すのがアンソニーヴァンダイクとラブの2頭。出走表明している外国馬で、注目度の高かったラブの出走も怪しくなってきている。

 ジャパンの出走回避で、逆にはっきりとしてきたのが武豊騎手のジャパンCでの騎乗馬だろう。

 一時はジャパンの出走表明で、ワールドプレミア(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)か、キセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)かと、武豊騎手を巡る「三つ巴」状態となっていた騎乗馬問題。ジャパンの遠征見送りによって、可能性はほぼ2頭に絞られたのではないだろうか。

JRA武豊ジャパンC(G1)「騎乗馬問題」決着!?  キーファーズ「ジャパン回避」でオブライエン厩舎「ラブ注入」もお預けか?の画像2

「キセキは今週の天皇賞に武豊騎手で出走を予定していますが、ジャパンCはワールドプレミアを選択する可能性が高いと思いますよ。キセキへの騎乗はワールドプレミアの天皇賞・春(G1)回避により舞い込んだものですし、オーナーの大塚亮一さんは武豊騎手の熱烈なファンですから。

キーファーズの松島正昭氏も『武豊騎手で凱旋門賞を勝ちたい』と言っている人物ですから、ジャパン出走となればこちらへの騎乗もあったでしょう。ただ、そのジャパンも出走しないとのことですから、今までの経緯を考えればワールドプレミアでしょうね」(競馬記者)

 現時点ではワールドプレミアでのジャパンC参戦が濃厚といえそうな武豊騎手。

 ただ、今週の天皇賞・秋(G1)に出走を予定しているキセキも、結果次第では引き続き騎乗する可能性があるのかもしれない。

 まずは今週末。天皇賞・秋で武豊騎手の手綱捌きに注目したい。

JRA武豊ジャパンC(G1)「騎乗馬問題」決着!? キーファーズ「ジャパン回避」でオブライエン厩舎「ラブ注入」もお預けか?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!