NEW

へずまりゅう「格闘家」転身の可能性は…反感を買うも更生次第では現実味か

【この記事のキーワード】

,

へずまりゅう「格闘家」転身の可能性は… 反感を買うも更生次第では現実味かの画像1

 多くの問題行動を起こし、それを動画配信サイトに投稿し悪名を轟かせている“迷惑系YouTuber”ことへずまりゅう

 今月の16日には、大阪・アメリカ村の衣料品店で商品を偽物だとクレームをつけ、返品を迫る様子を撮影した動画を投稿し、威力業務妨害・信用毀損の疑いで逮捕されて物議を醸した彼が、ふたたび話題をさらっているという。

 26日、ニュースサイト『東スポWeb』は、へずまりゅうが先週保釈され、22日にTwitterで「今は身体を治したいし一日でも早く社会貢献したい」などの発言をしたことが注目を集めていると報じた。

 同記事では、このことについて世間の風当たりは強いとしているものの、保釈後のへずまりゅうと話した関係者の言葉を掲載。それによれば「(勾留に)声をかけてくれた友人、手紙をくれたファンの人には心から感謝し『読んで涙が出たし、勇気をもらった』と言っていました」と、本当に反省している様子だったそうだ。

 また、へずまりゅうと親交のある政党「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首が「本人もいけないとわかっていながら(迷惑行為を)してしまう自分に悩んでいる。なんとか更生させたい」と更生に手を挙げたことを紹介。さらに、高校と大学でレスリングに打ち込んでいたへずまりゅうが今後格闘技界への進出を考えているのではないかともしている。

 この件について、ネット上では「謝って済んだら警察はいらない。いまさらしおらしくしても、もう遅いでしょ」「本当にいけないとわかっていながら迷惑行為をしてしまうのなら、それは表に出しちゃいけない人ってこと」と、へずまりゅうへの非難が殺到。さらに「こんな問題児を格闘技界が引き取るとは思えないけど……」「格闘技はスキャンダル起こした人の再生工場じゃない」と、今後へずまりゅうが格闘技へ参戦する可能性についても拒否感を示す声が上がっている。

「へずまりゅうといえば、5月に格闘家で人気YouTuberでもある朝倉未来とのコラボ動画で、朝倉とのスパーリングが注目を集めました。

このうち、最初に朝倉が投稿した『迷惑系YouTuberへずまりゅうに鉄拳制裁』という動画の中では、パンチなどの打撃ありのルールで完敗。しかし、へずまりゅう側が投稿した『【超神回】朝倉未来と勝負して投げ飛ばしてやった!』という動画(現在は削除)の中では、打撃なしのルールで対決し、体重差とレスリングの経験を活かして有利な展開を作っていました。

そうしたことを考えれば、本当に格闘技イベントに参戦してもおかしくないかもしれませんね。打撃をある程度習得して、朝倉と再戦……というのも、競技性はともかくイベント的には面白そうではあります」(格闘技ライター)

 東スポWebの記事が公開された後、7月に渋谷のスクランブル交差点付近で布団を敷いたとして、道路交通法違反で書類送検されたことが報じられたへずまりゅう。これ以上問題行為を重ねる前に、格闘技など何かしらの更生する道を見出す必要があるのかもしれない。

へずまりゅう「格闘家」転身の可能性は…反感を買うも更生次第では現実味かのページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!