NEW

プロ野球・安定感抜群の「即戦力左腕」など注目選手がズラリ!【パ・リーグ球団ドラフト1位特集】

プロ野球・安定感抜群の「即戦力左腕」など注目選手がズラリ!【パ・リーグ球団ドラフト1位特集】の画像1

 ペナントレース期間中に、初のリモート形式で行われた2020年プロ野球ドラフト会議。前回のセ・リーグに続いて、今回はパ・リーグの各ドラフト1位選手を紹介する。

 まず、オリックスは近畿大学の佐藤輝明内野手を抽選で外し、福岡大大濠高校の山下舜平大投手を指名。身長188センチと恵まれた体型の大型右腕は、最速153キロのファストボールと球速の異なる2種類のカーブが武器で、九州ナンバー1との呼び声が高い。指名の瞬間、山下は恩師の八木啓伸監督とがっちり握手。「みんなに憧れを持たれる選手」とプロでの目標を掲げた。

 日本ハムは明言通り、苫小牧駒澤大学の伊藤大海投手を単独指名。大学1年時に駒沢大を中退し、地元の苫小牧駒沢大に再入学した伊藤は、150キロ代のストレートに加えて6種類の変化球も自在に操り、制球力も併せ持つ。大学日本代表ではクローザーとして活躍した。

 楽天はヤクルト、西武、ロッテと競合の末、早稲田大学の早川隆久との交渉権を獲得。木更津総合高校で3年春夏にエースとして8強進出を果たした左腕は、早大3年時に大学日本代表として日米大学選手権で優勝している。

 最速155キロのストレート、カットボールとツーシームを交えた投球は、安定感抜群と評価が高い。くじを引いた石井一久GMが「人生でこんなに緊張したことはない」と言うほどの目玉選手。早川自身も「期待に応える投手になりたい」と活躍を誓った。

 早大の早川投手を逃した西武は、桐蔭横浜大学の渡部健人内野手を指名。「ハマのおかわり君」とも評される渡部は体重115キロのスラッガーで、軸がぶれないスイングから放たれる打球の飛距離は圧倒的。辻発彦監督は「レギュラーをはって、クリーンアップを打ってほしい」と期待した。

 ロッテは早大の早川投手を抽選で外した後、再度重複した法政大学の鈴木昭汰投手との交渉権をヤクルトと競合の末、獲得。常総学院高校で3度の甲子園に出場した左腕は、伸びのあるストレートのみならず、スライダー、カーブ、チェンジアップの精度も高く、小柄ながら馬力もある。マウンド度胸とスタミナも大きな武器で、井口資仁監督は「マリンで投げるのを期待しています」とメッセージを送った。

 巨人、阪神、オリックスとの競合で近大の佐藤内野手との交渉権を得られなかったソフトバンクは、花咲徳栄高校の井上朋也内野手を指名。今年の高校生を代表するスラッガーとして注目を集めた井上は、高校通算50本塁打の長打力や、俊足が魅力。

 外れ1位を含めて7回連続で抽選を外したソフトバンクだったが、工藤公康監督は「非常に能力の高い選手」と評価し、井上自身も「投打共にトップクラスの球団から高い評価をいただいたので、期待に応えたい」と笑顔を見せた。

プロ野球・安定感抜群の「即戦力左腕」など注目選手がズラリ!【パ・リーグ球団ドラフト1位特集】のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!