NEW

JRA「大誤算」コントレイルが父ディープインパクトに完敗!? 菊花賞で「1億8000万円」痛恨の出費も……

【この記事のキーワード】,

JRA「大誤算」コントレイルが父ディープインパクトに完敗!? 菊花賞で「1億8000万円」痛恨の出費も……の画像1

 25日、京都競馬場で行われた菊花賞(G1)はコントレイルが優勝。単勝オッズ1.1倍という圧倒的な支持に応え、父ディープインパクト以来となる史上3頭目の無敗3冠馬に輝いた。

 菊花賞の売り上げは212億4002万8700円で、前年比130.4%の大幅増。コントレイルが注目を集めたことが約60億円の売り上げアップに繋がったと言えるだろう。また、WIN5の売り上げも10億6677万6100円で、コントレイルが出走した神戸新聞杯(G2)以来の10億円超えを達成した。

 だが、これでも売り上げで父ディープインパクトを超えることはできなかった。

 ディープインパクトが3冠を達成した2005年の菊花賞は257億4952万9800円の売り上げを記録。約40億円も差がついており、完敗とも呼べる結果である。

 投票方法別に比較すると、ある傾向が読み取れる。

●菊花賞売り上げ詳細データ(左:2005年、右:2020年)

単勝 14億1935万8200円 9億558万8700円
複勝 4億695万4800円 23億150万1200円
枠連 9億5261万2100円 4億5193万1300円
馬連 31億3209万3300 17億2929万4100円
ワイド 10億7271万2900 17億417万9000円
馬単 38億1156万7400 14億910万4500円
3連複 29億510万7400 35億8791万7700円
3連単 120億4912万3700 91億5051万2200円

 全体的な傾向として、1着を的中する必要がある単勝、馬単、3連単はディープインパクトの方が売れている。その一方、3着以内を的中させる複勝、ワイド、3連複はコントレイルが上回った。ディープインパクトは1着、コントレイルは3着以内には入ると予想したファンが多かったと言えるだろう。

 そして最も顕著に差が出ているのが複勝の売り上げだ。

 2005年が約4億円の売り上げに対して、2020年は約23億円と大きな差がある。コントレイルが複勝支持率79.3%で、約18億円分の票を集めた一方、ディープインパクトは複勝支持率46.6%で、約1億8000万円分の票。コントレイルはディープインパクトの約10倍も複勝に投票されているのだ。

 これにはJRAが2008年から実施している「JRAプラス10」の影響がある。

JRA「大誤算」コントレイルが父ディープインパクトに完敗!? 菊花賞で「1億8000万円」痛恨の出費も……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  5. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  6. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  7. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配
  8. JRA「まるで別人」C.ルメールまさかの重賞13連敗……大本命オーソクレース6着惨敗で、2022年重賞「馬券圏内ゼロ」行進
  9. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  10. JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?