NEW

JRAコントレイル早くも「凱旋門賞」1番人気!? 次走ジャパンC(G1)未定も……「課題クリア」の菊花賞勝利が挑戦を後押し?

【この記事のキーワード】, ,

JRAコントレイル早くも「凱旋門賞」1番人気!? 次走ジャパンC(G1)未定も……「課題クリア」の菊花賞勝利が挑戦を後押し?の画像1

 JRA史上3頭目の無敗3冠馬に輝いたコントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)。今後は大山ヒルズへ放牧される予定で、担当する金羅助手は「(年長馬との戦いになる)これからは、挑戦者の気持ちでいけますね」とさらなる飛躍を期待した。

 世代トップとして、これから古馬相手にどのような走りを見せるのかが期待されているコントレイル。そして、無敗の3冠馬の評判はすでに海外にも知れ渡っているようだ。すでに英ブックメーカーのベットフェア社が、来年秋の凱旋門賞(仏G1)に出走した場合、英オークス馬ラブ(牝3、A・オブライエン厩舎)と並ぶ単勝9倍の1番人気タイに設定したと話題になっている。

 世界最高峰といわれる舞台でもトップクラスの評価を受けたコントレイル。同馬の活躍には世界各国の記者が目を光らせており、豪メディアでは世界トップ10を選出する企画で2冠達成時のコントレイルを1位に指名し、エネイブルより上に評価した記者すら複数いた。見事3冠を達成しただけに、評価や注目度はさらに上昇していると見ていいだろう。

「まだ次走の予定も出ていないだけに気が早い気もしますが、ほかのブックメーカーでも来年の秋の凱旋門賞でコントレイルを1番人気や2番人気に設定しているところもあるようです。出走が叶えば上位人気に支持されることは間違いないでしょうね」(競馬誌ライター)

 ディープインパクト、オルフェーヴルら、名だたる名馬でも成し遂げることができなかった日本調教馬による凱旋門賞制覇。コントレイルに悲願成就も期待されるが、挑戦する可能性はあるのだろうか。

「以前、矢作師はスポーツ紙の取材で、早い時期から凱旋門賞の話が出たものの、『もう少し軽い芝のコックスプレートのようなレースが合う』などと、タフネスさが求められる凱旋門賞のコースに対する不安を吐露するなど消極的でした。

 ですが、当時は『コントレイルは競馬を使うごとに、こちらの想像を超えてくる。リスグラシューがそうだった。想像以上に重い馬場もこなし、期待を超えてくるようなら凱旋門賞は夢になる』と昨年の年度代表馬を引き合いに出して将来を語っています。

 今回の菊花賞は、距離は長く、馬場は重く荒れているなどコントレイルには向いていない条件での開催。この影響もあり、C.ルメール騎手に導かれる形でほぼ完璧なレースを展開したアリストテレスには、これまでにないほど追い詰められました。ですが、最後の最後で底力を見せて優勝。これもさらなる進化の兆しだと見ていいはず。凱旋門賞挑戦に向けて、矢作師の背中を押すにふさわしい勝利だったのではないでしょうか?」(競馬記者)

 来年10月、コントレイルは日本にいるのか、それとも……。

JRAコントレイル早くも「凱旋門賞」1番人気!? 次走ジャパンC(G1)未定も……「課題クリア」の菊花賞勝利が挑戦を後押し?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
3「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
4 C.ルメール「単勝1.7倍」のドン詰まりに大ブーイング!? 行く先々で“前が壁”…近親に二冠牝馬を持つ良血馬がまさかの不完全燃焼
5武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
6武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明
7ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
8ジャパンC(G1)横山武史もガックリ「玉砕覚悟」の大捲り!? 武豊キタサンブラック再現のはずが、キセキ3度目の4コーナー先頭に大歓声
9JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号
10桜花賞グランアレグリア、優駿牝馬ラヴズオンリーユー、秋華賞クロノジェネシス「合計G1・13勝」伝説になった2019年牝馬三冠の激闘! 一方「牡馬」は……