NEW

JRA天皇賞・秋(G1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。 15年前の「苦い記憶」払拭なるか

【この記事のキーワード】

, ,

JRA天皇賞・秋(G1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う赤い十字架。 15年前の「苦い記憶」払拭なるかの画像1

 先週の菊花賞(G1)でコントレイルに騎乗し、クラシック3冠を達成した福永祐一騎手。

 11月1日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)には、フィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗する予定だ。

 いまや水色に赤のバッテンがお似合いな福永騎手だが、今週は黒地に赤のバッテン。泣く子も黙るサンデーレーシングの所有馬であるが、天皇賞・秋で福永騎手となるとあまりいいイメージは沸いてこない。

 いまから15年前。思い出されるのは、2005年の天皇賞・秋に福永騎手で挑んだキングストレイルだ。

 レースでは、スタート直後に躓いて最後方からの競馬。道中は最内の後方2番手を進んだ。1000m通過が62.4秒のスローペース。馬群は一団となり直線に向く。

 このペースで後方2番手。一か八かの内強襲かと思われたが、外に回した福永騎手。結果、キングストレイルはメンバー中2位の上がりを使いながらも、勝ち馬から1秒差の16着に惨敗した。

 勝利したのは最内を突いたヘヴンリーロマンス。14番人気で1着と松永幹夫騎手(現・調教師)の好騎乗が際立ったレースであった。

 断然の1番人気を背負ったゼンノロブロイが唯一馬群を割って馬券圏内の2着に飛び込んだが、3着は最内から早め先頭に立ったダンスインザムード。こちらが13番人気で、三連単122万6130円の波乱となった。

 後半1000m57.7秒であった事からも、明らかなスローペース。距離ロスが大きく響く流れとなってしまった。

「この天皇賞・秋は天皇陛下が観覧されたレースで、松永騎手が馬上からお辞儀したのが印象的でしたよね。福永騎手に関しては28歳とまだ若かったですし、ペース判断や走らせる位置に不満が残るレースだったかもしれません。3冠ジョッキーになり今となってはいい経験だったと言えますが、当時は本人にとっても苦い記憶となってしまったのではないでしょうか」(競馬記者)

 セントライト記念(G2)を勝利して、3歳馬ながら天皇賞・秋に挑んだキングストレイル。

 藤沢厩舎の天皇賞・秋といえば、3歳馬の挑戦だけでも1996年のバブルガムフェロー、2002年のシンボリクリスエスが勝利。この前年である2004年のダンスインザムードも2着と健闘していたため、ファンの期待も大きかったのかもしれない。

 その後、2013年にはジャスタウェイで、2着ジェンティルドンナを0.7秒突き放す圧勝を経験している福永騎手。

 あの時の「苦い記憶」は払拭できているのだろうか……。

 3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。今後も「己との闘い」は続いていきそうだ。

JRA天皇賞・秋(G1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。 15年前の「苦い記憶」払拭なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!