NEW

JRA武豊を背に「2度目」のデビュー戦!? ディープインパクト産駒「大暴走」から2カ月……“怪物”再び!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊を背に「2度目」のデビュー戦!? ディープインパクト産駒「大暴走」から2カ月……怪物再び! の画像1

 あの「大暴走」から2カ月……話題の“怪物”が「2度目」のデビュー戦を迎える。

 31日、京都競馬5R新馬戦(芝2000m)に、ディープモンスター(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が出走を予定している。

 8月23日、小倉競馬場で行われた5R新馬戦(芝1800m)。断然の1番人気に推されたのは、武豊騎手を鞍上に迎えたディープモンスターだった。しかし、レース前にまさかの放馬。池江調教師の評価も高かっただけに、無念の除外となってしまった。

 ディープモンスターは、DMMドリームクラブの所有馬。同クラブは新規参入のクラブ法人であるが、これまでの4世代でオークス馬となったラヴズオンリーユーを輩出している。

 ディープモンスターはDMMドリームクラブの現2歳世代で、唯一のディープインパクト産駒。同クラブの初年度に活躍したキタノコマンドールと同じ池江厩舎に預託されている事からも、期待のほどが窺える。

JRA武豊を背に「2度目」のデビュー戦!? ディープインパクト産駒「大暴走」から2カ月……怪物再び! の画像2

 キタノコマンドールはデビュー戦、すみれS(3歳OP)を連勝し、皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)で、3番人気に推された逸材。結果は皐月賞5着、ダービー12着と振るわなかったが、将来を嘱望された馬であった。

 しかし、ダービーの後に右前脚浅屈腱炎が判明。復帰に向けて調整が続けられていたが、今年6月に再び屈腱炎を発症し引退することになった。

 デビュー戦でアクシデントのあったディープモンスターだが、その後は至って順調。予定通りの追い切りを消化している。

 15日の2週前追い切りでは、小崎騎手を背に栗東Cウッドコースで6ハロン82.1秒を時計。末を強めに追われ、サトノルークス(古馬OP)一杯の内を0.5秒追走し、0.2秒先着している。

 先週22日は荻野極騎手を背に同コースで追い切り、レザネフォール(古馬1勝)一杯の内を0.7秒追走し、0.6秒先着。一杯に追われて83.5秒とシャープな脚捌きを見せた。

『スポーツ報知』のPOGブログによると「メチャクチャ良くなってますよ」と陣営が話しているとの事。

 初戦で放馬しているだけに気性面での心配は付きまとうが、元々が評判のよかった馬。そこから大幅に良くなっているとするならば、本物の“怪物”になれる可能性も十分だ。

 キタノコマンドールで果たせなかったクラシック制覇。師も武豊騎手を配し、それを託せる存在に成長してくれることを願っているはずだ。

 ここは仕切り直しの一戦。“衝撃”のデビューになることを期待したい。

JRA武豊を背に「2度目」のデビュー戦!? ディープインパクト産駒「大暴走」から2カ月……“怪物”再び!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!