NEW

JRAに苦情殺到「基準が不明確」「納得できない」……。コントレイル、デアリングタクト「3冠対決」に現実味も、蘇る苦い記憶

JRAに苦情殺到「基準が不明確」「納得できない」……。コントレイル、デアリングタクト「3冠対決」に現実味も、蘇る苦い記憶の画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 夢の対決が早くも実現するかもしれない。

 28日、史上初となる無敗の牝馬3冠を達成したデアリングタクトジャパンC(G1)に向かうことが明らかになった。引き続き、鞍上は松山弘平騎手が務める。

 管理する杉山晴紀調教師は「放牧先(宇治田原優駿ステーブル)に見に行って、ダメージもなさそうなので、ジャパンCに向かうことになりました」とコメント。デアリングタクトは来週に帰厩する予定だ。

JRAに苦情殺到「基準が不明確」「納得できない」……。コントレイル、デアリングタクト「3冠対決」に現実味も、蘇る苦い記憶の画像2

 無敗の3冠牝馬がジャパンCに参戦するとなれば、気になるのは無敗の3冠馬コントレイルの動向だろう。

 激戦の菊花賞(G1)を終え、29日に大山ヒルズへ放牧に出される予定となっているコントレイル。管理する矢作調教師は『日刊スポーツ』の取材に対して、「来週木曜日に(大山ヒルズへ)見に行くので、そこでだいたい決めようと思います」と話しており、来週には次走の予定が明らかになりそうだ。

 さらに同師は「やはり東京の軽い馬場の方が、能力をより一層発揮できると思う。もし、使えるとすればですけど、ジャパンCになるかな」とコメント。レースを使うのであればと前置きをしながらも、ジャパンC参戦を示唆した。

 もし、コントレイルも出走するとなれば、夢の無敗3冠馬による対決が実現することになる。競馬史に残るビッグマッチになること間違いなしだ。

 過去に行われた3冠馬対決といえば、2012年のジャパンCが印象深い。

 同レースは前年の3冠馬オルフェーヴルと、この年に牝馬3冠を達成した3歳牝馬ジェンティルドンナが初顔合わせとなった。

 後方からレースを進めたオルフェーヴルに対して、ジェンティルドンナは好位からレースを進める。4コーナーから進出を開始したオルフェーヴルは残り200mで逃げるビートブラックを捉えると、内から伸びるジェンティルドンナとの一騎打ち。壮絶な叩き合いの末、ジェンティルドンナがハナ差競り勝った。

 歴史的な1戦は3歳牝馬に勝利の女神がほほ笑んだが、結果については後味の悪さが残るものだった……。

JRAに苦情殺到「基準が不明確」「納得できない」……。コントレイル、デアリングタクト「3冠対決」に現実味も、蘇る苦い記憶のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!